人生にゲームをプラスするメディア

ゲームテックのWii Uアクセサリを一足先に試してみました

任天堂 Wii U

ポリカーボネート製の「クリスタルシェルU」(クリア)
  • ポリカーボネート製の「クリスタルシェルU」(クリア)
  • 装着した様子
  • 下の部分でカッチリ接合
  • こちらはブラックの製品
  • シリコン製の「シリコンプロテクタU」
  • 装着した様子
  • クレードルに乗せても充電はできない
  • こちらはブラックの製品。なかなか良い質感
明日に迫ったWii Uの発売日。各社から多数のアクセサリが登場しますが、ゲームテックからも9種類のアクセサリが登場。発売前のサンプルを提供いただくことができましたので、装着してみました。

ゲームテックは本体保護カバー3種、収納ポーチ1種、液晶保護シート4種、その他2種という製品展開。液晶保護シート以外は全てホワイトとブラックという本体カラーに合わせたバリエーションが用意されていて、自分の購入した本体に合わせてチョイスすることができます。

まずはポリカーボネート製の「クリスタルシェルU」。こちらはWii U GamePad全体を包むようなケースで、端子部はカバーをした状態でも利用可能になっています。軽くて軽量、装着した際もサイズはぴったりで手触りは良好。背面にはスタンドのような機構もあり、これだけで縦置きが可能です。

シリコン素材の「シリコンプロテクタU」は柔らかなカバーで全体を包みます。クロの本体にブラックのシリコンプロテクタを装着してみたところ、見た目も雰囲気が整った印象に。触った感触もサラサラ感があり、気持ち良い感じ。装着、取り外しも容易です。

TPU素材の「ソフトクリスタルカバーU」は背面のみをカバーする仕様。正面から見ると、フチだけが見える形。クロの本体にホワイトを装着してみたところ、ツートンカラーのようで良い雰囲気になりました。シロ→ブラックも良さそうですね。

ゲームテックの本体保護カバーも全て装着状態でのクレードル充電は不可となっていました。雰囲気的には充電できてもおかしくはない・・・と思ったのですが、微妙な距離の差で充電が出来ないようです。これは他社の製品でも同様かもしれません。

ゲームテックからは収納ポーチもホワイトとブラックの2種類で登場。GamePadがすっぽりと収納できるサイズです。実用上問題にはなりませんが、2本のスティックがある関係上、少々収まりが悪く見えてしまい残念なところもあります。

その他、スタンドの「バッテリーカバースタンドU」も登場。こちらはGamePadのバッテリーカバーをこの製品と取り替えることで、スタンド機能も持たせようというもの。ネジを外す際に必要なドライバーも同梱されています。

最後にタッチペンとしてボールペンタイプの「デカタッチペン」も登場。ノック式で実用性は高そう。文字入力の際にはこうしたタッチペンがあると楽になります。

今回紹介した製品はゲームテックのオンラインストアや全国のゲームショップで販売されます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』青沼Pがゲームシステムを解説!重要な「馬」や「天候」などの情報が明らかに

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』青沼Pがゲームシステムを解説!重要な「馬」や「天候」などの情報が明らかに

  2. 「闘会議2017」で『ゼルダの伝説 BoW』を先行プレイ! 体験可能なニンテンドースイッチタイトルを発表

    「闘会議2017」で『ゼルダの伝説 BoW』を先行プレイ! 体験可能なニンテンドースイッチタイトルを発表

  3. 『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も

    『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も

  4. 『マリオカート8 デラックス』新機能「ハンドルアシスト」や新参戦キャラもお披露目! 有野晋哉やザ・たっち、小松未可子がガチ対戦

  5. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』ステージで声優の青木瑠璃子が大興奮!デモ版で広大な世界を冒険

  6. 2017年も『ポケモン』×「カゴメ」のケチャップキャンペーンが開催!「ねぶくろピカチュウぬいぐるみ」などが当たる

  7. スイッチ向け新作RPG『Project OCTOPATH TRAVELER』開発情報を綴るFacebookページが公開

  8. 米任天堂、『ファイアーエムブレム』のダイレクト実施へ―開催は現地18日

  9. ニンテンドースイッチは「すれちがい通信」「Miiverse」に対応せず、海外メディアが報道

  10. 宮本茂が語る『スーパーマリオ オデッセイ』への思い ─ 本作は“ガッツリ遊べるアクション”に

アクセスランキングをもっと見る