人生にゲームをプラスするメディア

【Wii Uアンケート 本体購入篇】発売日に購入する人は69%、ソフトを買わずに本体だけ買う猛者も

ゲームビジネス 開発

【Wii Uアンケート 本体購入篇】発売日に購入する人は69%、ソフトを買わずに本体だけ買う猛者も
  • 【Wii Uアンケート 本体購入篇】発売日に購入する人は69%、ソフトを買わずに本体だけ買う猛者も
  • 【Wii Uアンケート 本体購入篇】発売日に購入する人は69%、ソフトを買わずに本体だけ買う猛者も
  • 【Wii Uアンケート 本体購入篇】発売日に購入する人は69%、ソフトを買わずに本体だけ買う猛者も
11月26日からインサイド読者にWii Uについてのアンケートを実施しました。任天堂の据え置き機としては6年ぶりの新機種というだけあって、多くの読者が期待を寄せていることが分かる回答内容になりました。

まずはじめに、今回のアンケートの有効回答数は439。これから数回に分けて、アンケート結果を細かくご紹介していきます。まず第1回目ということで、Wii U購入に関する質問を集めてみました。今回のアンケートは基本的に、Wii Uの購入予定者を気になる回答結果は以下の通りです。

■購入予定のWii Uはどのセット?
・Wii Uベーシックセット:15%(68人)
・Wii U プレミアムセット:44%(193人)
・モンスターハンター3(トライ) G HD Ver. Wii U プレミアムセット:25%(108人)
・今すぐは買わない(様子見):16%(70人)
購入予定のWii Uはどのセット?


■本体の購入予定はいつ頃?
・発売日(12月8日):69%(303人)
・2012年12月:8%(35人)
・2013年1月:3%(12人)
・2013年2月以降:5%(21人)
・欲しいソフトが出た時:15%(68人)
本体の購入予定はいつ頃?


■本体と同時購入予定のロンチタイトルは?
・『New スーパーマリオブラザーズU』:53%(231人)
・『Nintendo Land』:37%(163人)
・『モンスターハンター3(トライ)G HD Ver.』:25%(111人)
・買わない:16%(70人)
・『ゾンビU』:16%(69人)
・『アサシン クリードIII』:13%(55人)
・未プレイのWiiソフト(タイトル問わず):5%(23人)
・『無双OROCHI2 Hyper』:5%(20人)
・『NINJA GAIDEN 3: Razor's Edge』:4%(17人)
・『バットマン:アーカム・シティ アーマード・エディション』:4%(17人)
・『鉄拳タッグトーナメント2 Wii U EDITION』:3%(15人)
・『FIFA13 ワールドクラスサッカー』:2%(8人)
・『マスエフェクト 3 - 特別版 -』:1%(5人)
・その他:5%(23人)
※複数回答のため、割合は総回答数に対するものになっています(100%を超えています)
本体と同時購入予定のロンチタイトルは?



ということで、Wii U購入に関する項目をピックアップしてみました。まず、2タイプ(3種類)あるWii Uの本体ですが、プレミアムセットが圧倒的に人気のようです。『モンスターハンター3(トライ) G HD Ver.』のセットも含めると実に69%、まだ買わない人を除くとなんと82%がプレミアムセットを購入予定ということになります。

購入時期については、約7割の人が発売日当日に購入予定。次いで多いのが「欲しいソフトが出た時」という回答になりました。ちなみに欲しいソフトの例としては・・・

『大乱闘スマッシュブラザーズ最新作』
『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』
『ベヨネッタ2』
『ピクミン3』
『モノリスソフト最新作』

といったタイトルに人気が集中していました。なお、『どうぶつの森』シリーズ最新作、『ゼルダの伝説』シリーズ新作など、現在のところ公式発表されていないタイトルを望む声も。今後の期待タイトルの結果については別の記事でたっぷりご紹介します。

そして、本体と同時購入予定のロンチソフトについては、やはり『New スーパーマリオブラザーズU』が圧倒的な人気で、本体購入予定者の63%が購入すると回答しました。次いで『Nintendo Land』『モンスターハンター3(トライ)G HD Ver.』と続いています。ここで驚きなのが、「買わない」、という回答が4番目という上位にランクインしていることです。回答した70人のなかで、本体を購入予定の人は30人で、それ以外の回答者はいずれも欲しいソフトが出てから購入するということでした。

本体のみ購入予定の人は『Nindendo×JOYSOUND Wii カラオケ U』を楽しむという人が多少はいるものの、基本的には『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』などのタイトルを待っているようです。当分の間は、Wiiソフトや、Miiverseなどを楽しむものと推測されます。

全体的な結果をみると、インサイドでのアンケートということもあってか、かなり注目度は高いという印象をうけました。単純な比較はできませんが、2011年2月にニンテンドー3DSが発売された際の同様のアンケートでは発売日に購入すると回答した人は全体の55%。実際にどの程度売り上げるのかも注目が集まります。その他のアンケート結果については発売日まで随時お伝えしていきますのでお楽しみに。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. カプコン人気クリエイターが語る『モンスターハンタークロス』流ゲーム開発術

    カプコン人気クリエイターが語る『モンスターハンタークロス』流ゲーム開発術

  2. 【E3 2016】サイバーパンクARPG『デウスエクス マンカインド・ディバイデッド』プレイヤーの行動で紡がれる物語とは

    【E3 2016】サイバーパンクARPG『デウスエクス マンカインド・ディバイデッド』プレイヤーの行動で紡がれる物語とは

  3. 数々のプロ作家を輩出してきたトキワ荘プロジェクト、京都第2トキワ荘「女子寮」の入居募集が開始決定

    数々のプロ作家を輩出してきたトキワ荘プロジェクト、京都第2トキワ荘「女子寮」の入居募集が開始決定

  4. 【特集】就職はあくまで通過点。「創る・見せる・売り込む」が方針の「アミューズメントメディア総合学院」の学びとは

  5. 爆乳プロデューサーによる新展開か?高木Pが何かの主題歌をこっそり一部公開

  6. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  7. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  8. 【プレイレビュー】単純だけど奥深く、ハマる!あまりにもよくできたパズルRPG『ケリ姫スイーツ』

  9. 【GDC2012】インタラクティブ映像監督David Cage氏が語るゲームナラティブに不可欠なパフォーマンスキャプチャとは

  10. 2Dイラストなのに360度全方位表現だと!?「Live2D Euclid」ついにお披露目…VRとARで展示

アクセスランキングをもっと見る

page top