人生にゲームをプラスするメディア

バンダイナムコ、ゲーム業界初のエコラベルを表示する取り組み「エコアミューズメント」12月より開始

ゲームビジネス その他

エコアミューズメント
  • エコアミューズメント
  • エコラベル
  • 新幹線はどーこだ?
バンダイナムコゲームスは、ゲーム業界で初めてエコラベルを表示する取り組み「エコアミューズメント」を2012年12月より開始すると発表しました。

これは、国内で販売する自社製業務用ゲーム機を対象に策定した「環境配慮設計ガイドライン」に基づき、環境配慮設計(「LED 照明や液晶ディスプレイ等の省エネ製品採用」や「梱包材をできるだけ減らす省資源化」等)によって、一定の自主基準をクリアした製品を「エコアミューズメント」と認定。環境に配慮した製品であることが一目で分かるよう、ゲーム機本体に「エコラベル」を表示するというものです。

最初の認定製品は『新幹線はどーこだ?』で、乗り物が集まっているゲーム画面の中からお題の乗り物を探してタッチして答えるキッズ向けのキャラクター探しゲームです。 ゲーム機のデザインは、人気の高い「N700系のぞみ」を採用。ステージは全20種類となっています。

また、ゲーム終了後にカードの払い出しがあり、オモテ面には新幹線の写真、ウラ面には新幹線に関する情報を掲載。カードは全41種類あり、親子で一緒に見て、読んで楽しめる内容になっています。

『新幹線はどーこだ?』は、2012年12月上旬から稼働開始予定となっています。
《ひびき》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

    【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  2. 【TGS 2014】台湾、デンマーク、シンガポール、海外インディーシーンから飛び立つ日本型SRPG

    【TGS 2014】台湾、デンマーク、シンガポール、海外インディーシーンから飛び立つ日本型SRPG

  3. 『クラッシュ・オブ・クラン』のスーパーセル、1日の売上が5億円、ユーザーは1940万人・・・ハッキングされ暴露

    『クラッシュ・オブ・クラン』のスーパーセル、1日の売上が5億円、ユーザーは1940万人・・・ハッキングされ暴露

  4. レア社の創業者であるスタンパー兄弟が退社

  5. Google、自社製VRヘッドセット「Daydream View」を11月発売へ!お値段約8,000円

  6. 舞台「龍が如く」桐生一馬「応龍の刺青」ビジュアルが公開、Web限定CMも

  7. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  8. マジコンの販売に刑事罰を設ける法改正へ・・・年内施行を目指す

  9. 安価で手軽なスマホVRゴーグル「400-MEDIVR1_2」発売

  10. 【CEDEC 2016】『シャドウバース』にも応用されたCygamesの次世代技術研究とは

アクセスランキングをもっと見る