最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
Wii U内蔵ブラウザはサクサク、ヌルヌル動く!2画面を生かした魅力的な機能を紹介

Wii U内蔵ブラウザはサクサク、ヌルヌル動く!2画面を生かした魅力的な機能を紹介

2012年11月29日(木) 19時00分
  • インサイドを閲覧中の画像
    インサイドを閲覧中
  • 記事もちゃんと読むことができますの画像
    記事もちゃんと読むことができます
  • 字は拡大しても綺麗なままですの画像
    字は拡大しても綺麗なままです
  • ブックマークは手帳のような形に。の画像
    ブックマークは手帳のような形に。
  • 操作画面はいたってシンプル。数字が表示されているボタンをタッチするとタブが表示されます。中の数字は開いているタブの数の画像
    操作画面はいたってシンプル。数字が表示されているボタンをタッチするとタブが表示されます。中の数字は開いているタブの数
  • 検索中。残念ながら北米版では日本語は使えませんの画像
    検索中。残念ながら北米版では日本語は使えません
  • ポインタは表示されるものの、Wiiリモコンからの操作は不可の画像
    ポインタは表示されるものの、Wiiリモコンからの操作は不可
  • ブラウザからYouTube視聴中。の画像
    ブラウザからYouTube視聴中。
  • 画面右下のボタンをタッチすると・・・の画像
    画面右下のボタンをタッチすると・・・
  • TVにはYouTubeがそのまま流され、GamePadでは別のサイトを閲覧できますの画像
    TVにはYouTubeがそのまま流され、GamePadでは別のサイトを閲覧できます
  • 設定画面。検索エンジンはGoogleかYahoo!のみ。の画像
    設定画面。検索エンジンはGoogleかYahoo!のみ。
  • そこまで細かい設定はできません。の画像
    そこまで細かい設定はできません。
  • 実はブラウジング中、ずっとMiiが動いています。の画像
    実はブラウジング中、ずっとMiiが動いています。

先日のNintendo Direct Wii U Previewでも任天堂の岩田社長が自信を持って紹介していたWii Uのインターネットブラウザ。編集部に届いた北米版を元にその機能と魅力に迫ります。

まず、ブラウザを起動するにはWii Uメニューの最下部に配置されている、青色のアイコンをタッチ。アプリが起動するスタートページに移動します。基本的な操作は全てWii U GamePadから行います。特に難しいことはなく、タッチしていくだけで直感的に操作可能です。ちなみにWiiリモコンからだとポインタ自体は表示されるものの、クリックしたり、ボタン操作をすることはできませんでした。

動作はかなり軽く、よほどインターネット回線が遅くない限りはPCのブラウザと同じくらいのスピードでブラウジングできます。あまり速くスクロールすると表示が追いつかないところもありますが、一般的なブラウジングであれば、全く問題はないはずです。そして、特に目を見張るのが字(フォント)の綺麗さです。最大限まで拡大するとその綺麗さが分かります。

ブラウザ自体の機能はいたってシンプル。タブ機能にブックマーク、簡単な設定ができる程度です。ただ、それゆえに使いやすく感じるのかもしれません。

タブは6枚まで開くことができ、タッチスクリーンの長押しで、強制的に新しいタブに開くことが可能です。タブの切り替えはGamePadのボタンをタッチするか、ZR/Lボタンで隣のタブに移動することができます。もちろん瞬時に切り替えが可能で、タブを6枚同時に開いても動作がカクついたりすることはありません。

ブックマークは北米版にはGoogle、任天堂、ヤフーの英語版トップページが設定されていました。恐らく日本でも日本語版になるだけで、変わらないでのではないでしょうか。

そして、設定画面では、検索エンジン、Cookieの消去、ブラウザの設定リセット、プロキシ設定、そしてスクリーンサイズの調整が可能です。ちなみに検索エンジンはGoogleとYahoo!の2種類で、Yahoo!に設定しておくと、検索の際に関連ワードが出てくるようになります。

意外と楽しいのがカーテン機能。GamePadのXボタンを押すとTV画面がカーテンで覆われ、好きなタイミングでカーテンをオープンすることができるという機能です。何のことはないと思っていましたが、カーテンで覆われている最中はログインしているMiiが登場し、サザエさん顔負けのじゃんけん大会を開いてくれたり、ステッキを持って踊り出したりと、なかなか楽しい仕掛けが満載です。

なお、Flashには非対応となっていますが、YouTubeは視聴可能。前の記事ではYouTubeアプリを紹介しましたが、ブラウザ版はそれ以上に魅力的に感じました。動画を再生すると、TV画面とGamepad全画面に映像が表示されますが、GamePadのボタンをタッチすると、TV画面には映像が表示されたままGamePadでは他のサイトをブラウジングすることができます。まさに2画面というハードの特性を生かした仕様になっています。

今回は機能面を中心にお伝えしました。後ほどは、Wii Uのブラウザでできること、できないことをまとめてお伝えしますので、そちらもお楽しみに。

(Article written by 宮崎紘輔)

任天堂アクセスランキング