最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
気分はハイラルの勇者『Nintendo Land』に収録された『ゼルダの伝説 バトルクエスト』プレイレビュー

気分はハイラルの勇者『Nintendo Land』に収録された『ゼルダの伝説 バトルクエスト』プレイレビュー

2012年11月28日(水) 20時00分
  • 『Nintendo Land』に収録されている『ゼルダの伝説 バトル』の画像
    『Nintendo Land』に収録されている『ゼルダの伝説 バトル』
  • 北米版はプレミアムセットに同梱されています。の画像
    北米版はプレミアムセットに同梱されています。
  • やはり、しっかり肉抜きの画像
    やはり、しっかり肉抜き
  • 背面はこんな感じの画像
    背面はこんな感じ
  • 結構難しいですの画像
    結構難しいです
  • 戦闘中の画面の画像
    戦闘中の画面

遂に編集部に届いたWii Uで、早速『Nintendo Land』をプレイ中です。まずはその中に収録されている『ゼルダの伝説 バトルクエスト(THE LEGEND OF ZELDA BATTLE QUEST)』のプレイレビューをお伝えします。

本タイトルは1~4人対応で、ゲームパッドを持ったプレイヤーは主人公であるリンクの衣装で弓矢を、Wiiリモコンで剣を使いながら敵を倒していくというゲームです。ゲーム内には他のユーザーと一緒に進める「協力クエスト」と、1人専用ゲームで敵を全滅させる時間を競う「タイムアタック」の2種類が搭載されています。

ゲームパッドはジャイロセンサーが搭載されているので、左右に動かすことで、360°見回すことができます。狙いを定める場合にはGamePadを動かすか、GamePadの左スティックを動かす必要があります。敵を攻撃するには、右スティックを手前に倒し弓矢を射ることになります。なお、右スティックを倒すと弓矢が発射され、倒している時間の長さで矢のスピードや与えるダメージに影響があります

筆者一人でプレイすることになっため、まずは「タイムアタック」に挑戦してみました。GamePadにはテレビと同じ映像が遅延なく表示されます。意外と敵の動きが速く、慣れるまでには少々時間がかかりそうです。

続いては「協力クエスト」。こちらは「協力」をうたうだけあって、ひとりで進めるのは少し骨が折れます。基本的に敵を倒していくのには変わりありませんが、敵を倒す度に自動でステージの奥へと進んでいきます。仲間と協力できれば、かなり楽しく遊べそうなモードです。

(Article written by 宮崎紘輔)

任天堂アクセスランキング


パッケージ画像
機種 WII U
ジャンル ACT
発売元 任天堂
開発元 任天堂
発売日 2012年12月08日
プレイ人数 1〜4人プレイ対応