最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
任天堂、北米でのハード売上は先週だけで120万台以上・・・3DSが記録的なペースで売れる

任天堂、北米でのハード売上は先週だけで120万台以上・・・3DSが記録的なペースで売れる

2012年11月27日(火) 17時01分
  • 米国でも発売されているニンテンドー3DS「Midnight Purple」の画像
    米国でも発売されているニンテンドー3DS「Midnight Purple」
  • 北米では初週で40万台販売の画像
    北米では初週で40万台販売

米国任天堂のReggie Fils-Aime社長は、CNETのインタビューで先週の北米でのハード売上が120万台にのぼることを明らかにしました。トップは40万台のWii U。また、ニンテンドー3DSもDSを上回る記録的なペースで売上を更新しています。

先週はブラックフライデーもあり、アメリカで最も物が売れるシーズンの始まりでした。レジ―社長によれば、据置機はトータル70万台のセールスになったとのこと。11月18日に発売されたWii Uが40万台を売り上げトップに。Wiiも低価格路線で販売台数を増やし30万台を売り上げたということです。

一方、携帯用ゲーム機はトータルで50万台以上の売上を記録。ニンテンドー3DSが25万台、ニンテンドーDSが27.5万台を売り上げました。3DSの販売は記録的なペースで伸びており、発売後21ヶ月の時点で600万台の売り上げを記録しました。同時点でのDSの販売台数と比較すると、3DSの方が100万台弱多く売り上げています。

現在品薄状態が伝えられるWii Uについては、順次供給できるようにしていくとのこと。レジー社長は「ユーザーの需要にあわせて、早く、そして十分な量を小売店に出荷していく」と語っています。

(Article written by 宮崎紘輔)

任天堂アクセスランキング