人生にゲームをプラスするメディア

米アナリスト「ユーザーはWii Uにコアゲームを求めていない」

任天堂 Wii U

Wii U本体
  • Wii U本体
  • Wii U本体
EEDARのアナリストが、任天堂はソニーとマイクロソフトから距離を置き、独自のアイデンティティに焦点をあてるべきだと語っています。

Wii Uでは、サードーパーティによるコアゲームのリリースが多数決定しており、任天堂は今世代機でコアゲーマーの取り込みも目指していると思われています。

しかしEEDARのアナリストJesse Divnich氏は、多くのタイプのゲーマーをターゲットとすることには慎重になるべきだと警告しています。Divnich氏は、ロンチのコアタイトルはどれも素晴らしい出来であることを認めていますが、コアゲーマー向けの既存コンソールはすでに2つ存在しており、多くのユーザーはWii Uにコアゲームを求めていないと述べています。

任天堂はカジュアルユーザー向けにこれまで素晴らしい結果を出しており、その点でWii UはWiiの次世代機として相応しいコンソールに仕上がっていると語るDivnich氏ですが、一方でサードパーティと共にコアマーケットへの参入を目指す動きに対しては、Wii U自身のアイデンティティには相応しくない方向を目指そうとしていると危惧しています。

任天堂はこれまで常に自身のペースで動き、効果を上げてきました。
しかし、ソニーやマイクロソフトと競合することにより、今後様々な問題に直面することになるかもしれないとDivnich氏は語っています。
《菜種》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 手のひらサイズの「ファミコン」に名作30本収録!「ニンテンドークラシックミニ ファミコン」発表

    手のひらサイズの「ファミコン」に名作30本収録!「ニンテンドークラシックミニ ファミコン」発表

  2. 【3DS DL販売ランキング】『脱出アドベンチャー 第七の予言』初登場、『不思議の国のラビリンス』や『マーセナリーズサーガ2』などのライドオンジャパンソフトも人気(9/29)

    【3DS DL販売ランキング】『脱出アドベンチャー 第七の予言』初登場、『不思議の国のラビリンス』や『マーセナリーズサーガ2』などのライドオンジャパンソフトも人気(9/29)

  3. 『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

    『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

  4. 『モンハン ストーリーズ』の3DSテーマ4種類が配信決定―キュートなアイルーからカッコいいオトモンまで

  5. 『ペーパーマリオ カラースプラッシュ』TVCM公開―撮影の裏側が見えるNGシーンも…

  6. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  7. 任天堂のネットワーク、未来は明るいのか、暗いのか 2つの記事で議論

  8. 『ポケモン ダイヤモンド・パール』は今日で10周年!ゲームフリークの大森滋が記念イラストを公開

  9. 『スプラトゥーン』立体パズルが11月末発売決定―全部組み立てなイカ?

  10. 【Wii Uダウンロード販売ランキング】『ファミコンリミックス』が首位、アークシステムワークスのダウンロードソフトが値下げキャンペーンでランクイン(1/6)

アクセスランキングをもっと見る

page top