人生にゲームをプラスするメディア

マイクロソフト、新型機「Xbox TV」を来年リリースか

マイクロソフト Xbox360

マイクロソフト、新型機「Xbox TV」を来年リリースか
  • マイクロソフト、新型機「Xbox TV」を来年リリースか
マイクロソフトが現行Xbox 360の安価版となるセットトップボックス型(ケーブルテレビなどの放送信号を家庭用テレビ向けに変換するデバイス)の「Xbox TV」を来年リリースするとThe Vergeが報じました。

同誌が複数のソースから得た情報によれば、この安価版Xbox TVはカジュアルゲームやストリーミングなど主要なエンターテイメントサービスを利用することが可能となっており、来年ホリデーシーズン前の展開が予定されているそうです。The Vergeが入手したという情報は以下の通り。

・現行Xboxコンソールの安価版

・消費者はこの安価なセットトップボックス型か、フル機能の次世代Xboxコンソールどちらかを選択して購入することができる

・この安価版は2SKU戦略の一貫として2013年に発表、同年ホリデーシーズン前に発売が開始される

・コア部分はWindows 8で動作

・現行Xbox 360のようなフルゲームでは無く、カジュアルゲームがサポートされる

・ハードウェアの仕様はまだ完全に決定していないが、マイクロソフトが採用したチップセットにより素早い起動とリジュームが可能に。TVとエンターテイメントサービスに簡単にアクセスできる“Always On(常に動く)”なデバイスとなっている

・同デバイスの発売は、次世代Xboxを多数の機器と共に連動させ拡張性を高めるという狙いに向けた1つの動きとなっている

・Xbox LIVEサービスを完全に動作できるスマートフォンと次世代Xboxのコアアーキテクチャを組み合わせるという選択肢もマイクロソフトにはあった

・ライセンス付きのXboxテレビセットとしてコアサービスを他社のテレビに提供する調査も行われた

この報道に対しマイクロソフトは公式声明にて明確な否定はしておらず、「我々は常に次なるプラットフォームやライフサイクルのしきたりにどのように立ち向かうを考えている」とVergeに対し返答しています。

なおこの“Xbox TV”の名は昨年11月にも次世代Xboxコードネーム「Loop」の旧名として報じられていたもので、その際にも低コストであることや、2013年に発表され同年発売となることなどが噂として伝えられていました。また同じく2011年11月には、低価格版、高機能版が登場するという噂、Kinectに対応したTV計画の噂も報じられています。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

マイクロソフト アクセスランキング

  1. 【E3 2014】『アサシンクリード ユニティ』4人Co-opが可能になり、ワラワラ感がUP!プレイ映像も公開

    【E3 2014】『アサシンクリード ユニティ』4人Co-opが可能になり、ワラワラ感がUP!プレイ映像も公開

  2. 本気カルシューティング『トラブル☆ウィッチーズ ねぉ!』Xbox LIVE アーケードで今冬に配信決定

    本気カルシューティング『トラブル☆ウィッチーズ ねぉ!』Xbox LIVE アーケードで今冬に配信決定

  3. ゲーム以外の分野から熱視線!見守りシステムで活かされるKinectセンサー

    ゲーム以外の分野から熱視線!見守りシステムで活かされるKinectセンサー

  4. Xbox One後方互換対応リストに国産RPG『ブルードラゴン』が追加!

  5. 「Xbox One S」国内発売日が11月24日に決定!価格は34,980円、『Halo:TMCC』『Halo 5』などが同梱

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top