人生にゲームをプラスするメディア

【プレイレビュー】伝説の名作が完全日本語化!『DOOM 3 BFG Edition』

ソニー PS3

【プレイレビュー】伝説の名作が完全日本語化!『DOOM 3 BFG Edition』
  • 【プレイレビュー】伝説の名作が完全日本語化!『DOOM 3 BFG Edition』
  • 【プレイレビュー】伝説の名作が完全日本語化!『DOOM 3 BFG Edition』
  • 【プレイレビュー】伝説の名作が完全日本語化!『DOOM 3 BFG Edition』
  • 基地の休憩ラウンジに置かれた某人気格闘ゲーム筐体を模したアーケードマシン。ちゃんとプレイすることができ、この「Puncher 3」以外にも「Hellanoid」などがあります
  • 【プレイレビュー】伝説の名作が完全日本語化!『DOOM 3 BFG Edition』
  • 【プレイレビュー】伝説の名作が完全日本語化!『DOOM 3 BFG Edition』
  • 情報記録媒体のPDA。本作の舞台となる基地施設に在籍する人間は必ず1台所持し様々な用途に活用している。プレイヤーの行動可能エリアを決めるIDコードとしても機能し、プレイ中進入不可のエリアへ進むため、度々探し回る破目になります
  • 本作の重要人物であるマルコム・ベトルーガー。基地で行われる数々の研究を指揮している彼ですが、その研究によってUAC基地が地獄の惨劇に
かつてFPSの代名詞として多くのゲーマーを魅了した名作『DOOM』シリーズが、『1』『2』『3』のコンプリートパッケージ『DOOM 3 BFG Edition』となってXbox 360/PlayStation 3プラットフォームに新登場。ベセスダ・ソフトワークスがテキストから音声まで完全日本語化した11月22日発売の国内版を、一足早く体験出来たので、『Doom 3』のキャンペーンを中心にプレイレポートをお送りしたいと思います。

『1』『2』では、撃って撃ってのハイスピードシューター的な撃ちまくりFPSでしたが、『DOOM 3』ではサバイバル要素が強調され、圧倒的に視界の悪い暗闇の中を一歩一歩慎重に進んでいくホラーアドベンチャー的なFPSとなっています。

■ようこそ、地獄の火星へ!
火星にて発見された貴重な資源を人類発展のため研究・有効利用する目的で設立されたUAC(ユニオンエアロスペースコーポレーション)、その基地施設を警護する保安部隊の補充兵として招集された海兵隊員がプレイヤーの操る主人公となります。

着任早々上官のケリー曹長に呼び出され、研究員のジョナサン・イシイ博士が行方不明のため、現場の状況把握を兼ねてその捜索を命じられます。そして博士を発見し事情を聞こうとした瞬間、火星を舞台とした地獄のサバイバルの幕開けとなるのです。

操作方法は、FPSタイトルの標準的な操作方法に準じたシンプルな物となっており、各設定は4種のプリセットから選択する方式。各ボタンの個別設定や、“屈む(ホールド)”から“屈む(トグル)”への切り替えなどはなく、PCというユーザーフレンドリーなプラットフォームで誕生した『Doom』シリーズということを考えると、操作方法を細かく設定出来ないのはいささか残念な仕様です。

オリジナルのPC版では武器とフラッシュライトの同時使用は出来ませんでしたが、今回『BFG Edition』となるにあたり、ライトをオンにしたまま武器を使用して攻撃出来るよう変更されています(アーマーの左肩にライトが装着)。ただし、ライトはチャージ式なので(約30秒の連続点灯が可能。オフにすれば数秒でフルチャージ)、戦闘中、意図せずオフになってパニックになることが間々あります。

■完全日本語ローカライズ
登場キャラクター&イベントシーンの会話に、探索・戦闘中に響いてくる怒号・叫び声まで、素人っぽさの無い、納得の日本語吹き替えとなっています。勿論、表示されるほぼ全てのテキストも日本語化され、録音メッセージ&メールが重要なヒントとなる場合でも、問題無くプレイすることが出来ます。ただし、同じ声優さんが幾人かの音声を掛け持ちしているのですが、その音声データ量から考えると仕方なしといったところでしょうか。

■拡張シナリオも付いてボリューム満点
本編から2年後のストーリーが展開される『Resurrection of Evil』では、「アーティファクト」「グラバー」という2つの新しい装備によって、よりアクション性の増した戦闘を楽しめるようになります。また『Lost Mission』では、『BFG Edition』用に開発された全7ステージとなる、本編キャンペーンにて全滅したとされるブラボーチームの生き残りとしての新シナリオをプレイすることが出来ます。勿論、音声・テキストは完全に日本語化されています。

■UIに残念さを感じるも、お化け屋敷的ドキドキ感は流石!
プレイしていて最も気になったのはUIの不親切さで、突拍子もなく行われるオートセーブによる強制停止などは、それまで没入し張り詰めていた緊張感、高揚していたドキドキ感がリセットされてしまうように感じ、設定でオン/オフ出来ないのが非常に残念でした。自由に割り振り出来ないコントロール設定や、サブ・特殊系武器を選択・使用した後瞬時に前メイン武器に戻す操作が無い、15個までしかセーブを残せない等の仕様もそうですが、ファンアイテムとはいえユーザーフレンドリーに作って欲しかったと思います。

そういった不満はあるものの、お化け屋敷的ドキドキ感を存分に味わえるゲームプレイは流石と言え、山場となるキャンペーン終盤などでは、絶え間無く死角から襲い来る敵への緊張感でクタクタになること必至です。プレイし始めると止まらない『1』『2』に、『3』の拡張シナリオを含めたボリュームを考えると、その低価格設定に本気で感嘆します。コレクションとしては勿論、お化け屋敷が大好きなプレイヤーにもオススメのタイトルです。

尚、本作のマルチプレイですが、海外版のプレイヤーと共にプレイすることは可能ですが、『Doom』『Doom II』では、Xbox 360版のみ対戦・協力プレイが可能で、『Doom 3』では、両機種とも対戦プレイのみが可能です。『Doom 3』のキャンペーンは協力プレイが出来ない仕様となっています。

※本レビューにはPlayStation 3バージョンを使用しました。

【製品情報】
タイトル: 『DOOM 3 BFG Edition』
発売予定日: 2012年11月22日
価格: 3,800円(税込)
対応機種: Xbox 360/PlayStation 3
ジャンル: ファーストパーソンシューティング
CERO審査: 「Z」18歳以上のみ対象
ローカライズ: 日本語ボイス・日本語テキスト
プレイ人数:
360版 オフライン時1~4人 / オンライン時2~4人
PS3版 オフライン時1~4人 / オンライン時2~4人
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. エンディングが分岐するVR映画『眠れぬ魂』4月上旬リリース…森の奥に眠る真実にPSVRで迫れ

    エンディングが分岐するVR映画『眠れぬ魂』4月上旬リリース…森の奥に眠る真実にPSVRで迫れ

  2. 『ニーア オートマタ』新TVCMが公開中…「命もないのに殺し合う」

    『ニーア オートマタ』新TVCMが公開中…「命もないのに殺し合う」

  3. 『FFXIV: 紅蓮のリベレーター』に新ジョブ「侍」登場! 「必殺剣」を使う近接物理DPSに…冒険の舞台や新たなる物語の情報も

    『FFXIV: 紅蓮のリベレーター』に新ジョブ「侍」登場! 「必殺剣」を使う近接物理DPSに…冒険の舞台や新たなる物語の情報も

  4. 【インタビュー】『バレットガールズ2』どう見てもアヘってる“拘りの表情”に迫る…ボツネタも独占公開

  5. 【プレイレポ】『GOD WARS ~時をこえて~』の「THE Beginning体験版」をプレイ―新たな日本神話が、ここから幕をあける

  6. 『バイオハザード7』追加DLC「発禁フッテージ Vol.2」がPS4向けに配信開始!

  7. 【PS Vita DL販売ランキング】『東京新世録 オペレーションバベル』首位、最大90%OFFセールでMAGES.タイトルが多数ランクイン(2/17)

  8. 『スクールガールゾンビハンター』では“使用済み下着”もデコイにできる!謎の男「レン」や恐怖の「コピーゾンビ」なども公開

  9. 『ニーア オートマタ』新トレイラー公開!コンサート「人形達ノ記憶 NieR Music Concert」の開催も決定

  10. 『閃乱カグラ PBS』最新映像は過激すぎ! 刺激的なイタズラ「くねくねフィニッシュ」や濡れると“透ける”新コスチュームなどご紹介

アクセスランキングをもっと見る