人生にゲームをプラスするメディア

任天堂公認雑誌「Nintendo Power」最終号、12月11日発売 ― 休刊惜しむ声続々

任天堂 その他

創刊号の表紙
  • 創刊号の表紙
  • 最新10月号の表紙
アメリカの出版社Future USが発刊していた任天堂公認雑誌「Nintendo Power」が12月11日の最終号の準備が終わり、事務所が閉鎖されたことが記者のTwitterで明らかになりました。

24年もの間発行された本誌ですが、8月には任天堂が公式に12月号で休刊になることを認め、話題となりました。同誌のライターであるPhil Theobald氏は「Nintendo Powerのオフィスは整理中で、間もなく閉鎖されます。皆様の暖かいご支援とお言葉に感謝します」ツイートし、オフィスも閉鎖されることが判明しました。

本誌の創刊は1988年で、創刊号の表紙はやはりマリオ。ファミコンの『スーパーマリオブラザーズ2』(日本名:『スーパーマリオUSA』)にスポットを当てた内容でした。当時からの読者は休刊の報を知り、幼少の頃を思い出すなど休刊を惜しんでいます。

また、イギリスのFuture Publishing社が出版する「PSM3(PlayStation 3 Magazine)」と姉妹誌である「Xbox World」も12月12日発売の12月号で休刊になるということで、各ゲームハードを伝える情報誌が一斉に休刊を迎えます。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

    【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

  2. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  3. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

    ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  4. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  5. LINEスタンプ「ポケモン きまぐれピカチュウ組」配信開始、イラストレーター・MOGUとポケモンがコラボ

  6. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  7. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  8. スイッチのロンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』などが追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  9. 『ポケモンGO』「ポケモンボックスアップグレード」のセールが実施、17日ごろ~28日ごろまで

  10. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

アクセスランキングをもっと見る