人生にゲームをプラスするメディア

任天堂公認雑誌「Nintendo Power」最終号、12月11日発売 ― 休刊惜しむ声続々

任天堂 その他

創刊号の表紙
  • 創刊号の表紙
  • 最新10月号の表紙
アメリカの出版社Future USが発刊していた任天堂公認雑誌「Nintendo Power」が12月11日の最終号の準備が終わり、事務所が閉鎖されたことが記者のTwitterで明らかになりました。

24年もの間発行された本誌ですが、8月には任天堂が公式に12月号で休刊になることを認め、話題となりました。同誌のライターであるPhil Theobald氏は「Nintendo Powerのオフィスは整理中で、間もなく閉鎖されます。皆様の暖かいご支援とお言葉に感謝します」ツイートし、オフィスも閉鎖されることが判明しました。

本誌の創刊は1988年で、創刊号の表紙はやはりマリオ。ファミコンの『スーパーマリオブラザーズ2』(日本名:『スーパーマリオUSA』)にスポットを当てた内容でした。当時からの読者は休刊の報を知り、幼少の頃を思い出すなど休刊を惜しんでいます。

また、イギリスのFuture Publishing社が出版する「PSM3(PlayStation 3 Magazine)」と姉妹誌である「Xbox World」も12月12日発売の12月号で休刊になるということで、各ゲームハードを伝える情報誌が一斉に休刊を迎えます。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  2. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

    「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  3. 任天堂、『ポケモンGO』が業績に与えるインパクトは「限定的」と言及

    任天堂、『ポケモンGO』が業績に与えるインパクトは「限定的」と言及

  4. 出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

  5. 株式会社ポケモンが『ポケモンGO』に導入した安全対策を公開…トレーナーガイドラインやサービス利用規約も

  6. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  7. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  8. ソニックが2人!?『Project Sonic』海外発表―NX/PS4/XB1/PC向けに開発中

  9. 小型ファミコン「Nintendo Classic Mini: NES」紹介映像―懐かしさこみ上げる

  10. 【特集】『ポケモンGO』プレイ前に揃えておきたいアイテムまとめ

アクセスランキングをもっと見る

page top