人生にゲームをプラスするメディア

今期は減収減益、次期は『軌跡』シリーズ新作で巻き返し図る ― 日本ファルコム決算発表

ゲームビジネス その他

日本ファルコム ロゴ
  • 日本ファルコム ロゴ
日本ファルコムは11月14日、平成24年9月期決算を発表しました。本事業年度売上高が12億7100万円(前期比18.6%減)、営業利益が3億4100万円(同35.9%減)、経常利益は3億4300万円(同35.8%減)、当期純利益は2億1600万円(同32.0%減)の減収減益となりました。

当期(平成23年10月1日から24年9月30日)は、携帯機、据え置き機ともに底堅く推移し、優良なコンテンツは堅調に推移したとのこと。PSPソフト『那由多の軌跡』やPS Vitaソフト『イース セルスタの樹海』といったタイトルは市場で高い評価を得たものの、ゲーム部門単独の売上高はでは前期比32%減の9億9100万円となりました。

同社コンテンツの様々なプラットフォーム展開やライセンス許諾などを行うライセンス部門では、ゲームソフトのダウンロード販売比率が上昇したことで収益に大きく寄与したということです。このとこが大きく影響し、売上総利益率では3.5%の上昇をみせました。ライセンス部門単独の売上高は前期比72.7%増の2億8000万円となっています。

次期については、PS3ソフト『英雄伝説 空の軌跡FC:改 HD EDITION』でPS3市場に参入し、新たな顧客獲得に努めるとともに、『空の軌跡』『零の軌跡』『碧の軌跡』に続く『軌跡』シリーズの最新作を発売して、増収増益を目指すとのこと。次期の平成25年9月期業績予想は売上高17億円(前期比33.7%増)、営業利益5億円(46.3%増)、経常利益5億円(45.7%増)、当期純利益3億円(38.4%増)を見込んでいます。

なお、次期第2四半期の予想は、通期予想に対して大幅に少ない数字となっていますが、これは下半期にタイトルを集中させることが原因となっています。このことからも軌跡シリーズ新作の発売は2013年4月以降になりそうです。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

    【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

  2. 【TGS2016】VRアイドルライブで実感したのは「照れ」! “アイドルとの距離×臨場感”で心を揺さぶるVR「Hop Step Sing!」体験レポ

    【TGS2016】VRアイドルライブで実感したのは「照れ」! “アイドルとの距離×臨場感”で心を揺さぶるVR「Hop Step Sing!」体験レポ

  3. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

    あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  4. 【TGS2016】VRゲームに変化、出展ブースが緑に染まる

  5. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  6. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  7. 『TGS2016』『ブレイブウィッチーズ VR』で空を飛ぶ「雁淵ひかり」を真後から見つめてみた

  8. PSVR『クーロンズゲートVR』始動! あの「九龍城」が蘇る

  9. 【特集】今のゲーム業界は人材不足、じゃ“就職できない人”はなぜいるの?HAL東京のゲーム学部に迫る

  10. 【レポート】さらに進化した『サマーレッスン』をプレイ!ヤバさがかなり増しています。情報量が凄いです。彼女は本当に、そこにいました。

アクセスランキングをもっと見る

page top