人生にゲームをプラスするメディア

任天堂の売り場はどこに?・・・世界最大デパートのゲーム売り場をのぞいてみた

その他 全般

任天堂のゲーム売り場
  • 任天堂のゲーム売り場
  • 新世界百貨店のロゴ
  • 新世界センタムシティ・入口
  • ギネス認定の碑が入口に
  • あまりに大きく全景をおさめられません
  • こちらがCDショップ併設のゲームコーナー
  • 新型PS3の広告も
  • PS Vitaソフトもそれなりに揃っています
韓国・釜山にある新世界センタムシティ店はギネスにも認定された世界最大のデパートです。オンラインゲームが主流の韓国で、家庭用ゲームがどのような販売をされているのかを韓国最大のゲームショーG-STAR2012開催中に現地で確認してきました。

まずは、その大きさにただただ、驚くばかり。店舗面積は29万3905平方メートルで、日本の主要百貨店の面積と比較すると、現時点で最も広い面積なのが松坂屋名古屋店で8万6758平方メートル。東京では、東武百貨店池袋本店が8万3000平方メートル。2013年に大阪でリニューアルオープン予定の「あべのハルカス近鉄本店」で10万平方メートルと、およそ日本の百貨店の3倍程度という計算になります。ちなみに、日本最大のショッピングセンターであるイオンレイクタウンの店舗面積が24万5000平方メートルですので、単純比較はできませんが、その大きさがどれほどのものか、すこし想像して頂けるのではないでしょうか。

早速売り場の様子ですが、最初に発見したのはSCE、マイクロソフト、そしてPCのパッケージゲームを販売する区画でした。CDショップと併設されており、店舗入口では先日発表された新型PS3が宣伝されていました。中を覗くと、ゲームを販売するコーナーは高さ2メートル、幅1.7メートル程度の棚1つのみ。

まず、目を引くのがPS3やPS VitaといったSCEのハードです。そして棚上段にはPCゲーム、下段にはPS3のソフトがずらり。基本的には日本メーカーのものは数が少なく、ざっと見て確認できたのは『Pro Evolution Soccer 2013』(『ワールドサッカー ウイニングイレブン 2013』の欧州名)のPC版くらいでした。Xbox360のソフトは、PSのゲームに追いやられるような形で陳列されていました。

ここで気になるのが、任天堂製品の取り扱い。見渡しても、見つからず、店員さんに尋ねようかと思ったところ、日本の玩具(ガンプラやアニメ関連グッズ)売り場の裏側でひっそりと販売されていました。プッシュされていたゲームはニンテンドーDSソフト『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』とニンテンドー3DSソフト『nintendogs + cats』。他にはWiiソフトの『JUST DANCE 2』のプロモーション映像が放映されていました。とはいえ、何かもの悲しい雰囲気で、「ニンテンドーDSアクセサリー」と称されたコーナーには「ワンピース」のサンジの手配書が貼られている始末。せっかく若い女性が来たかと思えば、近くの「黒執事」グッズを手に取り歓声を上げていました。

世界最大のデパートでのゲームの取り扱いということで、少し期待をして行ってみたものの、日本の百貨店と同様か、それ以下、といった印象をうけました。やはり、日本との市場規模の差も大いに影響しているように思います。そんななかで各ハードメーカー、とりわけニンテンドー3DSや『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』などのタイトルを積極的に展開する任天堂がどのような結果を残せるのか、注目です。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止、プレイヤーの性格を武器にする『Last Standard』、ニンテンドースイッチ・海外での初回予約は続々終了…など(1/19)

    【昨日のまとめ】話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止、プレイヤーの性格を武器にする『Last Standard』、ニンテンドースイッチ・海外での初回予約は続々終了…など(1/19)

  2. PS Vita向け新作『死印』不気味なパッケージデザインが話題―ウェディングドレス姿の怪物の正体…?

    PS Vita向け新作『死印』不気味なパッケージデザインが話題―ウェディングドレス姿の怪物の正体…?

  3. 「デレマス」より「渋谷凛 Triad Primus Ver.」フィギュアが登場、細かなフリルやチラリと見える肌がセクシー

    「デレマス」より「渋谷凛 Triad Primus Ver.」フィギュアが登場、細かなフリルやチラリと見える肌がセクシー

  4. ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

  5. 狂気ホラー『Year Of The Ladybug』中止声明全文―「素晴らしい旅だった」

  6. 中世の職業を“ゲームユニット”風に解説する「十三世紀のハローワーク」発売…松野泰己が「これ、パクってイイ?」と絶賛

  7. 「刀剣乱舞-花丸-」デザインのTカードが登場、「三日月宗近」「加洲清光」などが集合した描き下ろしデザイン

  8. 【日々気まぐレポ】第182回 「HGBF ルナゲイザーガンダム」登場!意外な組み合わせで誕生した異色のガンプラに迫る

  9. SFC向け新作格ゲー『ザ・ダークネス・ハンター』対戦の様子を収録したゲーム映像が公開

  10. 【特集】自販機でジュースを買い、『鉄拳7』をさらに極める方法とは?

アクセスランキングをもっと見る