人生にゲームをプラスするメディア

『テイルズ オブ ハーツR』メインシナリオがフルボイス化 ― シングのライバル「カルセドニー」も操作可能に

ソニー PSV

『テイルズ オブ ハーツR』メインシナリオがフルボイス化 ― シングのライバル「カルセドニー」も操作可能に
  • 『テイルズ オブ ハーツR』メインシナリオがフルボイス化 ― シングのライバル「カルセドニー」も操作可能に
  • 『テイルズ オブ ハーツR』メインシナリオがフルボイス化 ― シングのライバル「カルセドニー」も操作可能に
  • 『テイルズ オブ ハーツR』メインシナリオがフルボイス化 ― シングのライバル「カルセドニー」も操作可能に
  • 『テイルズ オブ ハーツR』メインシナリオがフルボイス化 ― シングのライバル「カルセドニー」も操作可能に
  • 『テイルズ オブ ハーツR』メインシナリオがフルボイス化 ― シングのライバル「カルセドニー」も操作可能に
  • 『テイルズ オブ ハーツR』メインシナリオがフルボイス化 ― シングのライバル「カルセドニー」も操作可能に
  • 『テイルズ オブ ハーツR』メインシナリオがフルボイス化 ― シングのライバル「カルセドニー」も操作可能に
  • 『テイルズ オブ ハーツR』メインシナリオがフルボイス化 ― シングのライバル「カルセドニー」も操作可能に
バンダイナムコゲームスは、PlayStation Vita用ソフト『テイルズ オブ ハーツR』の最新情報を公開しました。

『テイルズ オブ ハーツ』は、2008年12月18日にニンテンドーDSで発売された作品をPS Vita向けに再構築した作品となります。

オリジナル版では重要なシーンだけボイスが再生されていたのが、今作ではメインシナリオがフルボイス化されることが明らかとなりました。主人公シング・メテオライト(CV:柿原徹也)、神秘の武具を求め、彼の祖父を訪ねてきた少女コハク・ハーツ(CV:井上麻里奈)をはじめ、実力派人気声優たちによって彩られたキャラクターとシナリオは、細かなニュアンスが表現され、より魅力がアップしているとのことです。王道RPGらしく、フィールドマップを採用。広大な世界をプレイヤー自ら歩き回ることで、世界の広大さと冒険感が体感できるでしょう。

より進化したグラフィックを目指してキャラクターの頭身や顔の調整、背景マップのクオリティアップが行われました。『テイルズ オブ』の特徴とも言えるアニメーションも、大幅追加されており、オリジナル版に加えて、新規10シーン以上が追加されたとのことです。

そして、オリジナル版ではノンプレイヤーキャラだった、シングのライバルにして結晶騎士団・隊長「カルセドニー」(CV:神谷浩史)が操作可能になりました。スピーディーな剣技で、シングを助けてくれることでしょう。

また『テイルズ オブ ハーツR』では、オリジナル版の戦闘を3D化。新システム「チェイスリンク」が追加されています。敵を攻撃中、条件を満たすと、「チェイスリンク」モードに移行。チェイスリンクモード中は、敵を宙に大きく吹き飛ばす攻撃、一瞬で敵との間合いを詰める“チェイスムーブ”を出せるようになります。この仕様により、縦横無尽にバトルフィールドを舞う派手なエアリアルコンボが繰り出せます。なお、秘奥義カットインも、新規描きおろしとなっています。

今回、主人公・シング、ヒロイン・コハクとともに、妹コハクを守るため、彼女とともに故郷の村を出奔した青年ヒスイ・ハーツ(CV:松風 雅也)、宮廷画家を目指す自称・未来の巨匠ベリル・ベニト(CV:千葉 紗子)、運び屋「日々寧日」の社長イネス・ローレンツ(CV:伊藤 静)、古代に造られた機械の人間クンツァイト(CV:郷田 ほづみ)、そしてバレイア教会結晶騎士団の隊長カルセドニーのビジュアルも公開されました。



なお、プロモーション映像第1弾もあわせて公開されています。あわせてチェックしてみてください。

『テイルズ オブ ハーツR』は、2013年春発売予定で価格は未定です。

(C)いのまたむつみ (C)NAMCO BANDAI Games Inc.
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. ソニーストア、PlayStation VRを2月25日8時30分より再販

    ソニーストア、PlayStation VRを2月25日8時30分より再販

  2. 『FFXV』限定特典の『A KING'S TALE: FFXV』が配信未定に

    『FFXV』限定特典の『A KING'S TALE: FFXV』が配信未定に

  3. 『ニーア オートマタ』不具合修正のパッチ対応を発表─まずはDL版の問題を近日中に

    『ニーア オートマタ』不具合修正のパッチ対応を発表─まずはDL版の問題を近日中に

  4. 『バイオハザード7』にクリス・レッドフィールドが登場!短編DLCの情報が公開

  5. PS4『ニーア オートマタ』DL版で不具合発生中―公式Twitterにて対処方法を公開

  6. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  7. 『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”がお披露目に─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

  8. 【特集】『FFXIV』で行われた親孝行「光のお父さん計画」達成記念!親子2人を突撃インタビュー

  9. 『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン』拠点となる「空都ライン」を紹介!気になるオンライン要素も

  10. PSVR、再販するも売り切れ続出! 欲しい人は通販サイトに一縷の望みが

アクセスランキングをもっと見る