人生にゲームをプラスするメディア

【Nintendo Direct】「Miiわらわら」の正式名称は「わらわら広場」に決定、Wii Uを起動するとまずこの画面に

任天堂 Wii U

わらわら広場
  • わらわら広場
  • わらわら広場
  • Wii U メニュー画面
  • 手元の画面にもわらわら
任天堂は、「Wii U 本体機能 Direct」で「わらわら広場」の詳細を発表しました。

「わらわら広場」は、E3の発表の段階で「Miiわらわら」と呼ばれていた機能の正式名称です。なお、海外でも「Wara Wara Plaza」と呼ばれ「わらわら」という言葉は継承されるということです。

Direct冒頭の映像でこの「わらわら広場」の映像が流され、これはWii Uの電源を入れたときテレビ画面に最初に表示される画面とのことです。

今回表示されているのは任天堂のスタッフが作ったMiiやコメント、イラストということですが、本体発売後この画面に届くのはすべてWii Uプレイヤーによるものになります。ここに表示されるコメントは「Miiverse」に書き込まれたコメントから選ばれたものになり、電源をいれるたびに他のプレイヤーがどの様なソフトでどの様な話題で盛り上がっているのかが特別なソフトを持ちいらず自然に分かる仕組みになっているとのことです。

テレビ画面に「わらわら広場」が映っているときは、Wii U Gamepadの画面にメニュー画面が表示されていますが、これらの画面はボタンひとつで手元の画面とテレビ画面を入れ替えることが可能になっています。

「わらわら広場」のMiiやソフトのアイコンをタッチすればその詳細がすぐに分かる仕組みになっているので誰がどんなソフトを話題にしているのか、またそれで興味を持ったソフトがどんなものなのかすぐにわかるようになっています。

(C) 2012 Nintendo
《ひびき》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  2. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  3. 『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

    『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

  4. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  5. 最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

  6. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  7. レベルファイブ新作『スナックワールド』アニメ/スマホ版は2017年4月、3DS版は2017年7月登場

  8. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  9. 『ぼくのなつやすみ』シリーズの綾部和氏による新作3DSタイトル『怪獣が出る金曜日』配信開始、

  10. 出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

アクセスランキングをもっと見る

page top