人生にゲームをプラスするメディア

【Nらの伝説・28】『ファイアーエムブレム 覚醒』とうとうあのキャラが水着にっ!

任天堂 3DS

お互いサイズの合わなかった水着を交換したというリズとスミア(想像)
  • お互いサイズの合わなかった水着を交換したというリズとスミア(想像)
  • なれるユニットは限られますが、ソーサラーは水着姿に変化
  • ソーサラーのティアモ。ティアモは水着姿のイラストも見られますよ~っ!
  • 男性ユニットもこの通り。子世代ユニットもソーサラーにすれば、一応水着姿が楽しめます
  • 公式サイトより、リゾートに招待されたクロムたち。異界のアンナも水着!
  • 公式サイトより、戦闘シーン。敵のソーサラーも水着だ~っ!
  • 公式サイトより、ガイアの水着姿。なぜお菓子を持って立ち尽くしているかというと・・・
  • 「神軍師への道」予告動画より。ルキナたちのイラストも見せてほしかった!
「絶望の未来」編が完結。また違った未来の姿であり、覚醒の儀を行おうとする異界のルキナたちを描いた物語でした。緑軍4人を全員生存させてクリアしたときに見られるエピソードは感動もの。その余韻が覚めぬうちに、「異界のリゾート」編の2つ目が配信されました。

「異伝 絆の夏」、200円。マップは、砂浜輝くビーチリゾート!(キラキラマスがいっぱ~い)リゾート気分に浮かれる親世代のキャラクター同士の会話が発生。そして一部のキャラクターが水着にっ!

公式サイトで行った人気投票の結果を受け、親世代の上位入賞者4人(マイユニットを除く)の水着姿の1枚目が見られるお楽しみ付きなんです。男性は、クロムとガイア。女性は、サーリャとティアモ。偶然にも、軍で一番スタイルがいいサーリャと、胸が小さいというステータス持ちのティアモが選ばれ、その設定がいかされた会話となっています(ガイアの中途半端な腹筋もね!)。クロムの、水着を着て照れた顔は、ファンなら必見ですね。

ほかのキャラクターの水着イラストは見られませんが、職種がソーサラーのユニットは戦闘シーンが水着姿に変化!転職できるキャラクターは限られていますが、ぜひともチェンジして確かめてみてください。

さて、親世代のキャラクター同士の会話が楽しめるこのマップ。支援会話がなかったティアモとクロムにも、会話イベントも発生します。ティアモの弱点が目白押しですね。

そして、マイユニットも会話が発生するのが嬉しい点です(これまた人気投票の結果が反映されてますが)。しかもその相手と結婚している場合、内容が一部違うものになります。暑いビーチで、熱すぎる会話が・・・!恋愛にはとことん疎いはずのクロムのいつもと違った一面だったり、夫婦関係がかいま見えるティアモだったりが見られますよ。ラブラブ会話にニヤついてください!

また、戦闘BGMも必聴。ファイアーエムブレムのメインテーマ曲が、「ウッ!」「ハッ!」といった掛け声とともにマンボ風にアレンジされているんです。しかも、その掛け声はよく聞けばクロムのもの。音楽にのって、「俺は負けん!」「まだ終わっていない!」といったセリフまで!とってもリズミカル!中途半端な腹筋が鍛えられそうなくらい笑えますよ。

戦闘の背景も波打ち際となり、リゾート感たっぷり。緊張感まるでなし!

今回は親世代の会話が楽しめるマップでしたが、子世代も別の機会のお楽しみがある様子。1枚絵が見られると思われるのは、アズール、ウード、ルキナ、セレナでしょうか。予告動画で流れていたのはたしか・・・温泉?

・・・俺たちの戦いはこれからだ!

■Nらの伝説 by N子

Nなハードを(中心に)、絵も交えながらより深く遊ぶ、伝える。さすらいの勇者も求むかも!?な連載。
《N子》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

    『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

  2. 最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

    最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

  3. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  4. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  5. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  6. 【レポート】レベルファイブ新作発表会「LEVEL5 VISION 2016」発表内容まとめ

  7. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  8. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  9. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  10. 【レポート】コンパイル創業者の新作パズルゲーム『にょきにょき』は『ぷよぷよ』の問題点の解決策から生まれた

アクセスランキングをもっと見る

page top