人生にゲームをプラスするメディア

ソニー、PS4「Orbis」の最新開発機材を出荷か・・・米国メディア報じる

ソニー PS3

来年以降に登場すると見られているソニーの次世代ゲーム機の最新の開発機材がデベロッパーに出荷されたと、米国のVG247が報じています。

複数の情報筋によれば次世代機(プレイステーション4もしくはコードネーム「Orbis」という名前で伝えられる)の開発機材は4つのバージョンが計画されているということで、これまでに提供されていた最初のバージョンはグラフィックカードのみで構成。今回届けられた2番目のものはPCを独自スペックに改装したもの。更に最終版に近いものが来年1月に予定されていて、最終版は来年夏になるとのこと。ちなみに機材は日本製ではないようです。

また、ソニーはデベロッパー向けのミーティングを開催し、ゲーム機の詳細や幾つかのデモを行ったとのこと。ソニーはこのミーティングで「Orbis」という呼称を用いて、「プレイステーション4」という言葉は一度も使わなかったとのこと。

気になる「Orbis」のスペックですが、基幹となるのはAMDが開発するAPU(CPUとGPUを融合させたチップ)の「A10 APU」をベースとしたもの。プロジェクトのゴールは1080p60のゲームを3Dで「問題なく」動作させる十分な性能を実現することで、RAMは8GBか16GBが搭載される模様。ディスクはブルーレイディスク。ストレージは256GBが標準だとのことですが、HDDかSSDかは不明。入出力は現行のPS3と変わりないとのこと。コントローラーに関しては不明。

UIは快適なプレイを実現するために進化を遂げていて、例えばPSボタンを押すことで、ゲーム中であっても、メニューからあらゆる機能にアクセスでき、ゲーム中にPS StoreからDLCをダウンロードして、すぐにゲームに戻る、といったことも可能だそうです。また、バックグラウンドでのダウンロードやアップデートについても強化されているとのこと。

情報筋は、PS3で課題となった開発の困難さについて「Orbis」では同じ過ちを繰り返さないのが目標だと伝えています。発表は来年のE3になるのではないかとのこと。真偽の程は不明ですが気になる情報です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 【レポート】オープンワールドに進化した『討鬼伝2』―“鬼”の手を使い、三次元アクションを駆使して戦え

    【レポート】オープンワールドに進化した『討鬼伝2』―“鬼”の手を使い、三次元アクションを駆使して戦え

  2. 【レポート】『龍が如く6 命の詩。』新情報が続々と明らかに…桐生一馬の伝説は最終章へ

    【レポート】『龍が如く6 命の詩。』新情報が続々と明らかに…桐生一馬の伝説は最終章へ

  3. 「PS4システムソフトウェアベータテスト」参加者募集が国内向けに開始…新たな機能登場か

    「PS4システムソフトウェアベータテスト」参加者募集が国内向けに開始…新たな機能登場か

  4. コナミとFCバルセロナがパートナー契約を締結、『ウイイレ2017』にホームスタジアムなど収録

  5. 【PS3 DL販売ランキング】『Minecraft: PlayStation3 Edition』首位浮上、『ラチェット』『真・三國無双』など値下げタイトル健闘(7/26)

  6. PSVRの予約再開は「準備が整い次第」…公式サイトやメルマガで案内

  7. 『龍が如く6』実機プレイ映像公開!過去作とは一線を画すほどシームレス

  8. 『ベルセルク無双』発売延期、新たな発売予定日は10月27日

  9. 『龍が如く6 命の詩。』発売日は2016年12月8日に!追加キャストには藤原竜也、小栗旬など起用

  10. 『マクロスΔスクランブル』公式サイトオープン!初回封入特典や期間限定生産版の情報も公開

アクセスランキングをもっと見る

page top