人生にゲームをプラスするメディア

ソニー、PS4「Orbis」の最新開発機材を出荷か・・・米国メディア報じる

ソニー PS3

来年以降に登場すると見られているソニーの次世代ゲーム機の最新の開発機材がデベロッパーに出荷されたと、米国のVG247が報じています。

複数の情報筋によれば次世代機(プレイステーション4もしくはコードネーム「Orbis」という名前で伝えられる)の開発機材は4つのバージョンが計画されているということで、これまでに提供されていた最初のバージョンはグラフィックカードのみで構成。今回届けられた2番目のものはPCを独自スペックに改装したもの。更に最終版に近いものが来年1月に予定されていて、最終版は来年夏になるとのこと。ちなみに機材は日本製ではないようです。

また、ソニーはデベロッパー向けのミーティングを開催し、ゲーム機の詳細や幾つかのデモを行ったとのこと。ソニーはこのミーティングで「Orbis」という呼称を用いて、「プレイステーション4」という言葉は一度も使わなかったとのこと。

気になる「Orbis」のスペックですが、基幹となるのはAMDが開発するAPU(CPUとGPUを融合させたチップ)の「A10 APU」をベースとしたもの。プロジェクトのゴールは1080p60のゲームを3Dで「問題なく」動作させる十分な性能を実現することで、RAMは8GBか16GBが搭載される模様。ディスクはブルーレイディスク。ストレージは256GBが標準だとのことですが、HDDかSSDかは不明。入出力は現行のPS3と変わりないとのこと。コントローラーに関しては不明。

UIは快適なプレイを実現するために進化を遂げていて、例えばPSボタンを押すことで、ゲーム中であっても、メニューからあらゆる機能にアクセスでき、ゲーム中にPS StoreからDLCをダウンロードして、すぐにゲームに戻る、といったことも可能だそうです。また、バックグラウンドでのダウンロードやアップデートについても強化されているとのこと。

情報筋は、PS3で課題となった開発の困難さについて「Orbis」では同じ過ちを繰り返さないのが目標だと伝えています。発表は来年のE3になるのではないかとのこと。真偽の程は不明ですが気になる情報です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』最大16人のマルチプレイが可能!特典情報も公開

    『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』最大16人のマルチプレイが可能!特典情報も公開

  2. 『ファイナルファンタジーXV』米国での発売初月セールスがシリーズ最高記録

    『ファイナルファンタジーXV』米国での発売初月セールスがシリーズ最高記録

  3. YouTubeの360度動画がPSVRで視聴可能に! PS4向け『YouTube』アプリがアップデート

    YouTubeの360度動画がPSVRで視聴可能に! PS4向け『YouTube』アプリがアップデート

  4. PS4『仁王』最終体験版のプレイムービーが公開―ウィリアムが雑魚に苦戦…!?

  5. 『FFXV』ゲーム内イベント「モグチョコカーニバル」の開催日時決定!映像も公開

  6. 【レポート】落命の先に待つ達成感…『仁王』には“死にゲー”としての魅力がしっかりとある

  7. 「ニーア オートマタ meets amazarashi」制作の音楽アルバム「命にふさわしい」の詳細が公開

  8. 『GOD WARS』早期予約特典の追加シナリオ詳細が公開、ウラシマとモモタロウ一行の戦いなどが描かれる内容に

  9. 『ニューダンガンロンパV3』機能向上パッチが配信―PS Vita版のキャラボイスの音質が向上!

  10. 『バイオハザード7』序盤ストーリーダイジェスト公開―無料DLC「Not A Hero」の情報も

アクセスランキングをもっと見る