人生にゲームをプラスするメディア

コナミ第2四半期業績・・・ウイイレ好調も国内では苦戦

ゲームビジネス 市場

『ウイニングイレブン』の海外版『Pro Evolution Soccer』が牽引
  • 『ウイニングイレブン』の海外版『Pro Evolution Soccer』が牽引
コナミが発表した平成25年3月期第2四半期(4~9月)の連結業績は、売上高1066億7300万円(前年同期比△13.3%)、営業利益125億6300万円(△37.8%)、税引前四半期純利益114億8800万円(△40.7%)、純利益69億5500万円(△39.3%)でした。

部門別では、主力であるデジタルエンタテインメント事業が売上高527億円(△10%)、営業利益117億円(△23%)、遊技機事業が売上高26億円(△81%)、営業利益2億円(△95%)の落ち込みが目立ちました。

デジタルエンタテインメント事業の内訳ではコンシューマゲームが152億円(△11%)、SNSが158億円(△7%)、eアミューズメントが100億円(△10%)、カードゲームが113億円(△10%)、その他4億円でした。

ゲームソフトの販売は日本国内での販売本数が半減。全体の販売本数は前年同期の736万本から628万本となりました。ジャンル別では野球が97万本→39万本、音楽が36万本→14万本と減少しました。一方で、サッカーが293万本→368万本と増加していて、これが海外市場を牽引したものと考えられます。ソーシャルコンテンツの累計登録者数は2600万人を突破、好調に推移しています。

下期の主なラインナップとしては『METAL GEAR RISING REVENGEANCE』が2013年2月にPS3とXbox360で、『Castlevania: Lords of Shadown - Mirror of Fate』が下期に3DSで、『Castlevania Lords of Shadow 2』が2013年にPS3とXbox360で発売される予定。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  2. 【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

    【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

  3. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

    狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  4. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  5. 【TGS2016】VRアイドルライブで実感したのは「照れ」! “アイドルとの距離×臨場感”で心を揺さぶるVR「Hop Step Sing!」体験レポ

  6. 【TGS2016】VRゲームに変化、出展ブースが緑に染まる

  7. バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

  8. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  9. 【特集】中二全開のVR剣戟ACT『CIRCLE of SAVIORS』に脱帽、「やれば分かる」の概念がぶち壊れる

  10. 迫力のドット絵でサイバーパンクを表現した『The Last Night』がクール!家庭用版も開発中

アクセスランキングをもっと見る

page top