最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
海外アナリストMichael Pachter氏「任天堂のWii Uゲーム販売目標は非現実的」

海外アナリストMichael Pachter氏「任天堂のWii Uゲーム販売目標は非現実的」

2012年10月28日(日) 12時15分
  • 海外アナリストMichael Pachter氏「任天堂のWii Uゲーム販売目標は非現実的」の画像
    海外アナリストMichael Pachter氏「任天堂のWii Uゲーム販売目標は非現実的」
  • 海外アナリストMichael Pachter氏「任天堂のWii Uゲーム販売目標は非現実的」の画像
    海外アナリストMichael Pachter氏「任天堂のWii Uゲーム販売目標は非現実的」
  • 海外アナリストMichael Pachter氏「任天堂のWii Uゲーム販売目標は非現実的」の画像
    海外アナリストMichael Pachter氏「任天堂のWii Uゲーム販売目標は非現実的」

海外アナリストのMichael Pachter氏が、任天堂の2013会計年度におけるWii Uゲームタイトルの販売目標が非現実すぎるとインタビューで語っています。

まもなく発売されるWii Uは、ホリデーシーズン期間中に全て売り切れてしまうだろうと予想されています。しかし、1台のWii Uに対しどのぐらいのゲームが売れるかについては、任天堂が考えているものより下回るだろうとPachter氏は考えているようです。

任天堂は、2013会計年度中のWii U本体販売目標を、当初予想されていた6~7万台を下回る5.5万台と公表しました。さらに、Wii Uソフトウェアの販売目標を2400万本と設定しており、本体1台の装着率は4タイトル以上という計算になります。

しかしPachter氏は、これを非現実的な数字であると語っています。ロンチタイトルのラインナップは人気の高いタイトルが揃っていることもあり、任天堂コアファン層による購入で5~600万本の初動が見込まれます。しかし長期的に考えると売上げは減少していくことになるだろうとPachter氏は予測しています。

(Article written by 菜種)

任天堂アクセスランキング