最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
【Nらの伝説・26】マイ3DSでいつでもアーウィン出撃!祝『スターフォックス64 3D』

【Nらの伝説・26】マイ3DSでいつでもアーウィン出撃!祝『スターフォックス64 3D』

2012年10月21日(日) 11時00分
  • 『鬼トレ』に似た人が出てた、というつながりがありました(ないよ)の画像
    『鬼トレ』に似た人が出てた、というつながりがありました(ないよ)
  • 『スマブラ』っぽくリアルになるわけでなく、ロクヨン版の雰囲気のまま美しく進化!の画像
    『スマブラ』っぽくリアルになるわけでなく、ロクヨン版の雰囲気のまま美しく進化!
  • イヌ軍団対サル軍団の戦い!敵キャラももちろん動物ですの画像
    イヌ軍団対サル軍団の戦い!敵キャラももちろん動物です
  • シューティングながらアドベンチャーのような要素もあって目からウロコ!の画像
    シューティングながらアドベンチャーのような要素もあって目からウロコ!
  • 3DS版パッケの画像
    3DS版パッケ
  • ロクヨン版パッケの画像
    ロクヨン版パッケ

3DSソフトのダウンロード版に、新作だけではなく過去に発売されたタイトルも続々登場。とくに『花といきもの立体図鑑』なんて、ダウンロード版がピッタリですよね。そんな中からあえて『スターフォックス64 3D』を紹介します!

ニンテンドウ64の名作『スターフォックス64』のリメイク作品。オリジナルはWiiバーチャルコンソールで楽しむことができますが、今遊ぶならやっぱり、3DS版が遊びやすいでしょう。

とはいえ『鬼トレ』や『どうぶつの森』のように「毎日ちょっとずつ遊ぶタイプのゲーム」とは言い難いので、わざわざダウンロード版ではなくても・・・というのも正直なところ。しかもダウンロードカードでの販売がなく、店頭でのPRやコレクションアイテムにもならないのが、ファンとしては残念でなりません。

でもでも、数ある3DSタイトルのなかから抜擢された、価値ある1本に違いないのです!
『スマブラ』シリーズでしかフォックスを知らない、なんて人もこの機会にぜひ遊んでみてください。やさしい難易度も用意されていますし、やり込むにも十分な手応えです。

上達していく楽しさ、シューティングながらアドベンチャーゲームのような発見・・・。数々の魅力あふれる『スタフォ64』ですが、ここではボイスについてをクローズアップしましょう。

性能はすごいが大容量を持つことができなかったロクヨンカセットで、フルボイスをやってのけた無謀な作品。それゆえ、短い言葉だけで表現されたキャラクターの個性が光ります。一言一言が心に残る。フルボイスが当たり前のようになった今なら、かえって新鮮かもしれませんよ。

ストーリーに付随する小さなエピソードにも、その短い言葉に込められた思いを考えると、とても深い味わいになるんです。たとえば「汚染された海の星ゾネス」のステージ。そこで発せられるのは、「これがあのゾネスか・・・!」という仲間ペッピーの短い一言。さりげないながらも、ズシンとくる言い方です。彼には、新婚旅行で訪れたのがこのゾネスである、という裏エピソードがあるのですが、そういった裏話すべてをだらだらと語るのではなく、ただこの一言だけで表現しています。

極めつけはやっぱり「自分の感覚を信じろ!」ですよね。これもペッピーから言われる言葉。のちに、もともとは主人公フォックスの父の言葉であったことがわかります。それも昔話が語られるわけではありません。ぜひ真のエンディングを目指して、聞いてみてください。

そんなこんなで、キツネくんやトリさんがかっこいい!N子はケモナーではありませんが、この動物さんたちにホレてしまうほどシビレる~!それもこの動物さんたちがいい味出してるからかもしれませんね。N子はSF好きではありませんが、この世界観にドップリ浸りましたよ。

3DS版ではいくつかセリフの追加がありますが、グラフィックを含め、基本的には64版を「忠実にキレイに再現」しています。そういった変える部分、変えない部分の選択は、ロクヨン時代にこのシリーズのファンだった世代が開発にかかわっているからこそ。

ダウンロード版なら、毎日ちょっとずつスコア更新を目指したり、毎日あのシブいオープニングナレーションを堪能したり、毎日サウンドテストを机の脇で鳴らしたり・・・といった、素敵スタフォライフが可能になっちゃうじゃないですか!

いまだ古びない感動をくれる『スターフォックス64』を、最新機種にアレンジした『スターフォックス64 3D』のダウンロード版は、11月1日より配信開始です。クラブニンテンドーのポイントが2倍になるキャンペーンも実施中ですよ。

■Nらの伝説 by N子

Nなハードを(中心に)、絵も交えながらより深く遊ぶ、伝える。さすらいの勇者も求むかも!?な連載。

(Article written by N子)

任天堂アクセスランキング


パッケージ画像
機種 3DS
ジャンル STG
発売元 任天堂
開発元 Q-Games
発売日 2011年07月14日
プレイ人数 1〜4人プレイ対応