人生にゲームをプラスするメディア

グリー、スマホアプリ開発支援ソリューション「Lightweight SWF」をOSSとして公開

ソーシャル・オンラインゲーム ソーシャルゲーム

グリー、スマホアプリ開発支援ソリューション「Lightweight SWF」をOSSとして公開
  • グリー、スマホアプリ開発支援ソリューション「Lightweight SWF」をOSSとして公開
  • グリー、スマホアプリ開発支援ソリューション「Lightweight SWF」をOSSとして公開
  • グリー、スマホアプリ開発支援ソリューション「Lightweight SWF」をOSSとして公開
  • グリー、スマホアプリ開発支援ソリューション「Lightweight SWF」をOSSとして公開
  • GitHubの公開ページ
 グリーは18日、UnityおよびHTML5に対応したスマートフォンアプリの開発支援ソリューション「Lightweight SWF」(LWF)を、オープンソースソフトウェアとして公開した。

 「LWF」は、独自ファイルフォーマットに基づくアニメーションエンジン。Flashコンテンツから変換したアニメーションデータを、UnityとHTML5で再生可能にできる。グリーでは、北米やヨーロッパなどの地域でリリースしたモバイルソーシャルゲーム「Alien Family」「Animal Days」(日本語版名「どうぶつフレンズ」)の開発において「LWF」を採用している。

 「LWF」では、Flashプレイヤーに近い挙動により、Flash開発経験者の学習負担を大幅に軽減しているという。またFlashアーティストがエンジニアリングなしにアニメーションおよびユーザーインターフェイスを作成することが可能となっている。さらに既存Flashプレイヤーで不可能だった、自由で高度なインタラクションの提供が可能になるとのこと。グリーでは公開後も、「LWF」を継続的に拡張しリリースしていく予定。

 ライセンスはzlib Licenseで、GitHubにて公開されている。
《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. 『リーグ・オブ・レジェンド』国内サービス正式スタート!入門ガイドなど新展開も

    『リーグ・オブ・レジェンド』国内サービス正式スタート!入門ガイドなど新展開も

  2. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  3. 『ポケモンGO』全世界6億5,000万DL突破も勢いは減少傾向か―海外報道

  4. 話題の“刀”美男子化SLG『刀剣乱舞 -ONLINE-』登場キャラ20名を一挙紹介

  5. 【レポート】エオルゼアでの会見も!ドラマ「FFXIV 光のお父さん」完成発表会

  6. 『シェンムー3』PC版の予約販売が開始!―現在の開発状況も報告

  7. 『リーグ・オブ・レジェンド』日本リーグ二部「LJL CS」で不正発覚、3チームが出場停止などの処分

  8. 『シャドウバース』メインストーリー追加のアプデが2月27日実施、「ルーンの貫き」「ミニゴブリンメイジ」のカード内容変更も

  9. 【レポート】戦車×美少女英雄!『クラッシュ・オブ・パンツァー』とは

アクセスランキングをもっと見る