人生にゲームをプラスするメディア

『デジモンアドベンチャー』劇場版エピソードも完全収録、音声収録には角銅博之監督も演出として参加

ソニー PSP

『デジモンアドベンチャー』劇場版エピソードも完全収録、音声収録には角銅博之監督も演出として参加
  • 『デジモンアドベンチャー』劇場版エピソードも完全収録、音声収録には角銅博之監督も演出として参加
  • 『デジモンアドベンチャー』劇場版エピソードも完全収録、音声収録には角銅博之監督も演出として参加
  • 『デジモンアドベンチャー』劇場版エピソードも完全収録、音声収録には角銅博之監督も演出として参加
  • 『デジモンアドベンチャー』劇場版エピソードも完全収録、音声収録には角銅博之監督も演出として参加
  • 『デジモンアドベンチャー』劇場版エピソードも完全収録、音声収録には角銅博之監督も演出として参加
  • 『デジモンアドベンチャー』劇場版エピソードも完全収録、音声収録には角銅博之監督も演出として参加
  • 『デジモンアドベンチャー』劇場版エピソードも完全収録、音声収録には角銅博之監督も演出として参加
  • 『デジモンアドベンチャー』劇場版エピソードも完全収録、音声収録には角銅博之監督も演出として参加
バンダイナムコゲームスは、プレイステーション・ポータブルソフト『デジモンアドベンチャー』の最新情報を公開しました。

TVアニメ「デジモンアドベンチャー」は、携帯ゲーム機「デジタルモンスター」をモチーフに、異世界デジモンワールドへ突如として放り出された子供たちが、現実世界へ帰るための冒険をくりひろげる作品。1999年に放送され、その後シリーズ化されていきますが、物語のなかで少しずつ明かされる子供たちの過去や抱える家族問題、そして異世界へ迷い込んだ理由など、巧みな伏線が随所に張りめぐらされており、大人も楽しめる工夫が多く盛り込まれた内容となっています。

原作のドラマチックな冒険物語をRPGの特長である「冒険」「バトル」「育成」と絡み合い、「デジモンアドベンチャー」の世界を自分自身で体験できるドラマチックRPGとして、主人公「八神太一」(CV:藤田淑子)とパートナーデジモン「アグモン」(CV:坂本千夏)の冒険譚がゲームでも展開されます。

ゲームではアニメ本編のエピソードはもちろん、劇場版「ぼくらのウォーゲーム」のエピソードまでのストーリーを完全収録。オリジナル要素も満載となっています。劇場版に登場した強敵インフェルモンも登場します。

冒険するエピソードはエリアセレクト画面で選択。さらに戦闘に参加するキャラクターを3人選択できます。フィールドで、キャラクターは入れ替え可能。ただしエピソードによっては固定のキャラクターが選択されることもあります。

エリアセレクトで選択したフィールドを冒険。フィールドはエピソードに合わせて、原作を再現した様々なシチュエーションが用意されています。フィールド上には野生のデジモンたちが徘徊しており、接触すると戦闘に突入します。そばに寄ると追いかけてきますが、ゆっくり歩いて通過すると気付かれにくくなります。フィールドでは、様々な仕掛けやイベントにも遭遇します。各フィールドで1つのエピソードを体験できる構成となっており、テンポ良くさまざまな冒険の物語を体験することが出来ます。

また今回、八神太一&アグモンのほかに、石田ヤマト&ガブモン、武之内空&ピヨモン、泉光子朗&テントモンのイラスト、さらに敵デジモンである、シードラモン、アンドロモンなどのイラストも公開されました。

ちなみに、TVアニメ「デジモンアドベンチャー」で監督を務めた角銅博之監督は本作で音声収録の演出を担当。公式サイトで、当時の思い出や今作への感想コメントが公開されています。

『デジモンアドベンチャー』は、2013年発売予定で価格は未定です。

(C)本郷あきよし・東映アニメーション・テレビ朝日・電通
(C)2012 NBGI
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『ニーア オートマタ』パッチ1.06を配信―主に進行不可のバグの修正

    『ニーア オートマタ』パッチ1.06を配信―主に進行不可のバグの修正

  2. 『フォトカノ』『レコラヴ』の将来は心配不要 ─ ディンゴ営業停止に対し杉山Pがコメント

    『フォトカノ』『レコラヴ』の将来は心配不要 ─ ディンゴ営業停止に対し杉山Pがコメント

  3. PS4版『FF15』DL版のセールが開催―4月3日までの期間限定!

    PS4版『FF15』DL版のセールが開催―4月3日までの期間限定!

  4. 【PS3 DL販売ランキング】『TRINITY Zill O'll Zero』ベスト版が首位、『バイオハザード』シリーズも好調(3/28)

  5. 『ニーア オートマタ』バージョン1.05配信―一部クエストが進行不可になる不具合を修正

  6. 【レポート】『FFXV』コラボも明らかに!『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』完成発表会

  7. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  8. 【特集】『FFXIV』で行われた親孝行「光のお父さん計画」達成記念!親子2人を突撃インタビュー

  9. ディンゴが制作を手がけるPS Vitaソフト『ラブライブ! スクールアイドルパラダイス』発売日は来年5月に

  10. 『閃乱カグラ PBS』に『DOA Xtreme3』キャラが登場!「マリー・ローズ」「ほのか」が初参戦するほか“濡れ透けアイテム”も

アクセスランキングをもっと見る