人生にゲームをプラスするメディア

お馴染みの大迷路ゲームがポケットサイズで登場「スーパーマリオ3Dランド カプセル大迷路ゲーム」・・・週刊マリオグッズコレクション第207回

その他 全般

ロングコースタイプ
  • ロングコースタイプ
  • 3×3タイプ
  • 迷路パーツを自由に配置
  • 本体を傾けて進めます
  • 本体裏に玉を入れる箇所も
  • 3DSカードと大きさ比べ
第207回です。今回ご紹介するのは、エポック社より発売中の200円カプセルトイ「スーパーマリオ3Dランド カプセル大迷路ゲーム」です。

板を傾けて迷路にボールを転がしてゴールを目指す、エポック社お馴染みの「大迷路ゲーム」がカプセルトイで登場!200円という価格で、手のひらサイズの大きさになりました。

小さいからと侮ることなかれ。迷路パーツを自由に並べ替えることができ、手元のレバーでちゃんと操作できるのは原作さながら。小さなボールを転がして、ゴールを目指します。さすがに動きはぎこちない感じですが、そのじれったさが上手い感じに難易度に繋がっています。これなら、いつでも何処でも大迷路ゲームが楽しめますね。ミニチュアフィギュアとして飾っても良いかもしれません(笑

迷路パーツが9枚ある「3×3タイプ」(本体カラー:赤)と迷路パーツが7枚ある「ロングコースタイプ」(本体カラー:青)の2タイプがあり、各3種類ずつデザインがあります。

エポック社といえば、やはり玩具が強みですね。デスクトップサイズの玩具も数多く出ているので、またいずれ紹介したいと思います。
それでは、また来週。

■著者紹介

kikai
『スーパーマリオブラザーズ』と一緒に生まれたマリオゲーマーであり、マリオグッズコレクター。マリオのことなら何でもお任せの「マリオ博士」。フリーライターとして活動中。インサイド以外にも雑誌「ニンテンドードリーム」などでも執筆。
ウェブサイト: ALL SUPER MARIO

(C) Nintendo Licensed by Nintendo
《kikai》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 初代「ベイブレード」12年の時を経て復活! 「ベイブレードバースト」シリーズにてリバイバル

    初代「ベイブレード」12年の時を経て復活! 「ベイブレードバースト」シリーズにてリバイバル

  2. ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向

    ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向

  3. 【フィグライフ!】第33回:『ポケモンGO』のせいで眠い眼をこすりながらワンフェスGO!零戦ダンボー限定モデルを無事ゲット

    【フィグライフ!】第33回:『ポケモンGO』のせいで眠い眼をこすりながらワンフェスGO!零戦ダンボー限定モデルを無事ゲット

  4. 「BLAME!」ティザーPV公開!ハードSF世界を3DCGで描き出す

  5. 「ハイスコアガール」連載再開&約3年ぶりの新刊発売!リニューアル版では登場作品が変更に

  6. TVアニメ「学園ハンサム」のキャスト発表! ゲーム版声優陣は「副音声」で登場

  7. 原作に忠実なOVA版「ヘルシング」8月9日よりAbemaTVにて全話配信決定!

  8. 「のんのんびより」宮内れんげの等身大フィギュア登場! お値段798,000円、近日予約開始

  9. 【レポート】『ポケモンGO』で広島の平和記念公園に行ってきた

  10. 「こち亀」おそ松さん、ガルパン、オーフェンなどとコラボしたノベライズアンソロジー刊行

アクセスランキングをもっと見る

page top