人生にゲームをプラスするメディア

ネクソン、ソーシャルゲーム国内最大手グループスを365億円で買収・・・モバイルゲームに本格参入

ゲームビジネス その他

東京ゲームショウのブース
  • 東京ゲームショウのブース
  • 東京ゲームショウのブース
  • 東京ゲームショウのブース
  • 東京ゲームショウのブース
  • 東京ゲームショウのブース
  • グループス
韓国のオンラインゲーム大手、ネクソンは日本のソーシャルゲームデベロッパーのグループス(gloops)を100%子会社化すると発表しました。創業者の梶原吉広氏らから全株取得し、総額365億円。

グループスの平成24年6月期の業績は売上高237億5500万円、営業利益58億5500万円、経常利益58億8700万円、純利益30億9700万円でした。売上高は平成22年度の1億500万円、23年度の40億4800万円、24年度の237億5500万円と急成長を遂げた企業で、国内ソーシャルゲーム専業では最大手の一角と考えられます。

ネクソンは主にオンラインゲーム市場で成長を続けて、昨年には東証一部に上場しました。しかしモバイルゲーム市場には出遅れ感もあり、グループスの買収により本格的な参入を果たすことになります。ネクソンでは「株式会社 gloopsは、日本のモバイルゲーム市場において革新的なゲームを制作することができる開発会社であり、業界の最大手企業として位置付けられております。同社が当社グループの持つユーザー基盤、ゲーム運営力、パートナーネットワークを活用し、国内だけでなく、グローバルに事業展開することで、当社グループとのシナジーを最大限に享受することができる」と述べています。

グループスは2005年にグローバルメディアソリューション(GMS)として創業。当初は広告代理店業務が主力でしたが、2009年にモバイル向け本格RPG『渋谷クエスト』をリリースしたのを皮切りにモバイルゲームに参入。2010年以降、ディー・エヌ・エーがオープン化した「Mobage」向けタイトルで急成長。直近では海外戦略も強化していました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【e-Sportsの裏側:番外編】日清食品『日清のとんがらし麺』とe-Sportsの意外な共通点とは?―日清食品株式会社マーケティング担当者インタビュー

    【e-Sportsの裏側:番外編】日清食品『日清のとんがらし麺』とe-Sportsの意外な共通点とは?―日清食品株式会社マーケティング担当者インタビュー

  2. 【e-Sportsの裏側】「放送」×「ゲーム」はまだまだ伸びる―韓国ゲーム専門チャンネル放送会社のCEOが語る日本e-Sports市場のこれからとは

    【e-Sportsの裏側】「放送」×「ゲーム」はまだまだ伸びる―韓国ゲーム専門チャンネル放送会社のCEOが語る日本e-Sports市場のこれからとは

  3. Nintendo Switchは鏡。見る人の心を写し出す【オールゲームニッポン】

    Nintendo Switchは鏡。見る人の心を写し出す【オールゲームニッポン】

  4. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  5. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  6. 【レポート】紳士ゲー『ぎゃる☆がんVR』ついにお披露目!窓に挟まった美少女を後ろから覗いてみた

  7. フロム・ソフトウェア1DAYインターンシップに潜入!最前線のデザイナーが学生にアドバイス

  8. 劇場版「SAO」のアスナとVRで会える! 視線追跡型VRヘッドセット「FOVE」が新たな刺激を提案

  9. ストーリー性も魅力なアイドルVR作品「トキメキメテオ」今春より展開、第一弾は倉持由香・星名美津紀が起用

  10. これがリアル「遊戯王」か!「HoloLens」で“リアルにモンスターを召喚”するデモ動画公開

アクセスランキングをもっと見る