最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
欧州ゲームイベントにて『METAL GEAR SOLID GROUND Zeroes』の様々な要素が明らかに

欧州ゲームイベントにて『METAL GEAR SOLID GROUND Zeroes』の様々な要素が明らかに

2012年9月28日(金) 11時00分
  • 欧州ゲームイベントにて『METAL GEAR SOLID GROUND Zeroes』の様々な要素が明らかにの画像
    欧州ゲームイベントにて『METAL GEAR SOLID GROUND Zeroes』の様々な要素が明らかに

現在イギリスのロンドンにて開催されている欧州ゲームイベント、Eurogamer Expoに出席した小島秀夫氏は、多くのファンが楽しみにしているシリーズ最新作『METAL GEAR SOLID GROUND Zeroes』に関する様々な要素を明らかにしました。

・オープンワールド化によって若干グラフィックスを犠牲にしているが、ライティングに力を入れている。
・オープンワールドなので自由に移動し好きな方法で侵入する事ができる。
・『METAL GEAR SOLID GROUND Zeroes』のオープンワールドは『Skyrim』のような1つの大きなオープンワールドではない。
・デモで披露されたステージはオープンワールドのほんの小さな一例。
・より大きなステージもあり、それらのオープンワールドステージをヘリコプターで移動する事ができる。
・敵に発見されたヘリコプターは撃ち落される場合もあるので、どこで要請するかに注意しなければならない。
・スクリプト化されていない昼夜サイクル。
・ステージ移動の所要時間は移動方法に応じて1日の時間に影響する。
・太陽は空を横切って移動し、ゲームプレイに微妙な違いをもたらす。
・『METAL GEAR SOLID Peace Walker』のような“マザーベース”が登場。
・マザーベースはオープンワールドセクションからヘリコプターでアクセス可能。
・マザーベースはリアルタイムで歩きまわる事ができる。
・携帯電話やその他のデバイスからマザーベースの各要素にアクセスできるような仕組みを計画中。
・マザーベースのカスタマイズは強制ではない。

果たしてオープンワールド化によって『METAL GEAR SOLID』シリーズはどのような成長を遂げるのでしょうか。今後の更なる続報にも期待です。

(Article written by Game*Spark)

その他アクセスランキング


機種 PS3
ジャンル ACT/ADV
発売元 コナミデジタルエンタテインメント
開発元 コナミデジタルエンタテインメント
発売日 未定
プレイ人数 プレイ人数未定