人生にゲームをプラスするメディア

「バイオハザードV」 興収20億円超え、2012年洋画で最速

その他 全般

『バイオハザードV:リトリビューション』
  • 『バイオハザードV:リトリビューション』
9月14日に全国公開となった映画『バイオハザードV:リトリビューション』が、公開から10日目で早くも興行収入20億円を突破した。本作は公開直後の週末4日間で12億4880万円を叩き出し注目を集めたが、9月22日、23日の週末でさらに4億9500万円を稼ぎ出した。
これにより累計の興行収入が20億円を超えた。これは2012年に日本で公開された洋画で最速となる。また、9月21日には動員数も100万人を突破しており、2012年ナンバー1ヒット洋画の可能性も高くなってきた。

一方、本作は日本だけでなく、米国でも同時公開されている。9月23日までの米国国内の興収は3350万ドル(約27億円)とミドルサイズのヒットにとどまっている。
映画「バイオハザード」シリーズの特徴は、これまでも米国以外の国での圧倒的な人気である。今回も現在までの世界興収の3/4を国外で稼いでいる。そして、日本がそのトップとなっている。国境を越えたグローバル時代を代表する映画とも言えそうだ。

また、ハリウッドの大作映画の不調が指摘される国内映画市場で、他国を凌ぐ好成績を残す「バイオハザード」シリーズは、映画関係者にとっても興味深いものだろう。映画の原作が日本の人気ゲームに由来することだけがその理由でもないはずだ。
今後は、本作が前作の国内興行収入47億円を上回るのかとあわせて、その映画のマーケティングにも注目が集まりそうだ。

『バイオハザードV:リトリビューション』
公式サイト http:// http://www.videor.co.jp/top.htm   
Facebook http://www.facebook.com/BiomovieJP
Twitter http://kyomaf.jp/  

監督: ポール・W・S・アンダーソン
[出演]
ミラ・ジョヴォヴィッチ、ミシェル・ロドリゲス、シエンナ・ギロリー、リー・ビンビン、中島美嘉
《animeanime》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】「ゲームセンターCX」地上波で放送、『ゼルダの伝説 BoW』青沼Pが解説、『マリオカート8 デラックス』新機能や新参戦キャラをお披露目…など(1/16)

    【昨日のまとめ】「ゲームセンターCX」地上波で放送、『ゼルダの伝説 BoW』青沼Pが解説、『マリオカート8 デラックス』新機能や新参戦キャラをお披露目…など(1/16)

  2. 「ゲームセンターCX」1月17日26時10分より地上波で放送、PCエンジン『THE 功夫』に挑戦!

    「ゲームセンターCX」1月17日26時10分より地上波で放送、PCエンジン『THE 功夫』に挑戦!

  3. 『シュタインズ・ゲート ゼロ』デザインのスニーカー・腕時計・名刺ケースが登場!スニーカーは牧瀬紅莉栖デザインに

    『シュタインズ・ゲート ゼロ』デザインのスニーカー・腕時計・名刺ケースが登場!スニーカーは牧瀬紅莉栖デザインに

  4. 「ポプテピピック」がまさかの「ねんどろいど」化!“例のビル”破壊シーンや“エイサイハラマスコイおどり”を再現可能

  5. 「光のお父さん」がTVドラマに! 『FFXIV』上で綴られた親孝行計画が映像化

  6. シリーズ最新作『GUILTY GEAR Xrd REV 2』制作決定! 今春アーケードに登場、家庭用版も予定…1月20日からロケテも開催

  7. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  8. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  9. 【レポート】『蒼き革命のヴァルキュリア』体験会で下里Pが語る―メインストーリーは30時間ほど、全体では60時間近い

  10. TIME誌が選ぶ『2017年最も期待のゲーム』50選―国産ゲームも!

アクセスランキングをもっと見る