人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2012】初めて触ったWii U!GamePadは思ったより軽かった『無双OROCHI2 Hyper』ファーストインプレッション

任天堂 Wii U

【TGS 2012】初めて触ったWii U!GamePadは思ったより軽かった『無双OROCHI2 Hyper』ファーストインプレッション
  • 【TGS 2012】初めて触ったWii U!GamePadは思ったより軽かった『無双OROCHI2 Hyper』ファーストインプレッション
  • 【TGS 2012】初めて触ったWii U!GamePadは思ったより軽かった『無双OROCHI2 Hyper』ファーストインプレッション
  • 【TGS 2012】初めて触ったWii U!GamePadは思ったより軽かった『無双OROCHI2 Hyper』ファーストインプレッション
  • 【TGS 2012】初めて触ったWii U!GamePadは思ったより軽かった『無双OROCHI2 Hyper』ファーストインプレッション
  • 【TGS 2012】初めて触ったWii U!GamePadは思ったより軽かった『無双OROCHI2 Hyper』ファーストインプレッション
  • 【TGS 2012】初めて触ったWii U!GamePadは思ったより軽かった『無双OROCHI2 Hyper』ファーストインプレッション
  • 【TGS 2012】初めて触ったWii U!GamePadは思ったより軽かった『無双OROCHI2 Hyper』ファーストインプレッション
  • 【TGS 2012】初めて触ったWii U!GamePadは思ったより軽かった『無双OROCHI2 Hyper』ファーストインプレッション
『無双OROCHI』シリーズの最新作であり、ハードと同時発売が決定したWii Uソフト『無双OROCHI2 Hyper』を東京ゲームショウ2012コーエーテクモブースで試遊してきましたのでプレイレポをお届けします。

まずWii U GamePadを持った感想は「軽い」でした。試遊は立ったまま10分間行われたのですが、腕や肩に負担がかからない状態で最後までプレイができました。

グラフィックは先に発売されたPS3/Xbox360版『無双OROCHI2』と変わりありません。壁にはモニターが設置され、Wii U GamePadの画面とモニターとどちらを見てプレイしてもいい状態になっていました。

待ち時間に他のプレイヤーの行動を確認していたのですが、どちらを見てプレイするかは人それぞれでした。筆者はWii U GamePadのみでプレイしている状態を想定し、あえてモニターを見ずにプレイ。

無双の基本アクションは熟知していてもWii U GamePadのボタン操作に慣れるかは不安でしたが、携帯ゲーム機で無双シリーズをプレイしている感覚に近く、抵抗はありませんでした。敵の数もTVと同じだけ再現されているので、無双らしい爽快感を味わうことができます。画面右上のマップはインチの低いTVだと見づらくなってしまうのですが、Wii U GamePadの解像度なら問題ありません。

新キャラクターの操作、デュエルモード、TVとWii U GamePadによる協力プレイの試遊はありませんでしたが、新モードなしでもたっぷり時間をかけて遊べる本作、かなりやり込めると思いました。このクオリティのゲームが寝っころがってプレイできると思うと・・・夢が広がりますね。

(C) コーエーテクモゲームス All rights reserved.
《みかめ》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『モンハン ダブルクロス』狩猟スタイル「レンキン」詳細や、新サポート傾向「ビースト」の情報が公開

    『モンハン ダブルクロス』狩猟スタイル「レンキン」詳細や、新サポート傾向「ビースト」の情報が公開

  2. 短編アニメ「ポケモンジェネレーションズ」EP1~6公開!ゲームの名シーンがアニメに

    短編アニメ「ポケモンジェネレーションズ」EP1~6公開!ゲームの名シーンがアニメに

  3. 「ニンテンドースイッチ」のVCがゲームキューブタイトルに対応か

    「ニンテンドースイッチ」のVCがゲームキューブタイトルに対応か

  4. 海外TV番組に「ニンテンドースイッチ」が登場!『ゼルダの伝説』最新作を実機プレイ

  5. 【インタビュー】箕星太朗が語る『めがみめぐり』の魅力 ― ツクモちゃんとのやりとりで癒されて貰いたいです

  6. 日活第2弾タイトル『クリーピング・テラー』正式発表!女子高生が恐怖の屋敷を探索

  7. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  8. 『ポケモン サン・ムーン』ヨーロッパで210万本の販売を達成、発売から12日で

  9. 『めがみめぐり』ツクモがベルダンディーに!? 漫画やボカロ、ハッカドールとのコラボが続々判明…鉄道関係とのタイアップ衣装も

  10. 『ポケモン サン・ムーン』最速攻略本+完全攻略ガイド発売決定!ポケモンの生まれながらの能力を最大まで上げる「きんのおうかん」付属

アクセスランキングをもっと見る