人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2012】総合学園ヒューマンアカデミーのブースでは渾身の学生作品を展示中!豪華景品の当たる抽選会も

ゲームビジネス 開発

【TGS 2012】総合学園ヒューマンアカデミーのブースでは渾身の学生作品を展示中!豪華景品の当たる抽選会も
  • 【TGS 2012】総合学園ヒューマンアカデミーのブースでは渾身の学生作品を展示中!豪華景品の当たる抽選会も
  • 【TGS 2012】総合学園ヒューマンアカデミーのブースでは渾身の学生作品を展示中!豪華景品の当たる抽選会も
  • 【TGS 2012】総合学園ヒューマンアカデミーのブースでは渾身の学生作品を展示中!豪華景品の当たる抽選会も
  • 【TGS 2012】総合学園ヒューマンアカデミーのブースでは渾身の学生作品を展示中!豪華景品の当たる抽選会も
  • 【TGS 2012】総合学園ヒューマンアカデミーのブースでは渾身の学生作品を展示中!豪華景品の当たる抽選会も
  • 【TGS 2012】総合学園ヒューマンアカデミーのブースでは渾身の学生作品を展示中!豪華景品の当たる抽選会も
  • 【TGS 2012】総合学園ヒューマンアカデミーのブースでは渾身の学生作品を展示中!豪華景品の当たる抽選会も
  • 【TGS 2012】総合学園ヒューマンアカデミーのブースでは渾身の学生作品を展示中!豪華景品の当たる抽選会も
総合学園ヒューマンアカデミーは全国10校舎を展開する専門校です。ゲームをはじめとするエンターテイメント、デザイン、マンガ、ビューティ、スポーツ、保育・医療、など多岐に渡る学校を運営。その中でもゲームは規模が大きく老舗として数多くのゲームクリエイターを輩出してきました。今回の東京ゲームショウにもブースを出展しています。



ヒューマンアカデミーの特色は実践的な教育にあります。学生はゲーム制作に当たってはプログラム専攻、企画・シナリオ専攻、グラフィック専攻、アニメーション専攻といった枠を越えてチームを結成し、それぞれの得意分野を活かして作品制作に挑みます。各地で行われるコンテストに出品したり、今年から実施されている「ゲーム全国合宿」では30以上のゲームメーカーに自分達の作品をプレゼンできる機会があります。そして東京ゲームショウや日本ゲーム大賞への出品も大きな目標です。ブースでは全国の校舎から選りすぐりの作品が集まりました。



中でも、合成シミュレーションゲーム『いろいろ合成 にゃんこ村』は10人以上のチームで作られたという自信作。毎日与えられる素材を自由に合成して村のパーツを作成し配置していくというゲーム。村ポイントを稼いで次のランクを目指していきます。可愛らしいグラフィックが特徴的でした。開発には約半年を要し、特に「ゲームのロジックを組み立てるのに試行錯誤があった」とのこと。



また、「無限会社楽しゲー」は自分達の作っているゲームポータルサイトを出品。このチームはソーシャルゲームやカジュアルゲームに興味を持つ約10人のメンバーで構成され、ポータルサイトで幾つかのゲームを配信しています。一押しは『SACRED SOLDIER』というHTML5で制作された本格カードバトルゲーム。こちらも約半年を要したといい完成度の高さを伺わせた。また、『なりきりGOLF!!』はUnity3Dで制作されウェブプレイヤーで遊べるゲーム。よくある3Dゴルフゲームながら、基本を抑えた作り。そのほか、Androidで遊べるシンプルゲームなども公開中。実際にウェブサイトにアクセスしてゲームを楽しめるので是非チェックを。(http://mugentanoshige.sakura.ne.jp/)



ブースではゲームだけでなく、イラスト作品も展示されていました。ただし、学生にとって東京ゲームショウへの出品はゴールではありません。ブースでゲームを体験してくれた来場者による評価はチームの今後に大きく影響を与えると言います。また、全国各地の優秀作品が集まる場であるため、刺激を受ける場でもあるそうです。ゲームショウ後には各校舎で出品タイトルの体験会も実施。学生同士の切磋琢磨を促進します。

老舗ということもあってかヒューマンアカデミーはゲーム業界との深い繋がりも特徴。担当者によれば、企業へのインターンシップには特に力をいれているそうです。しかも、「ゲーム作りである以上、1、2週間というのは意味が無いと考えていて、2ヶ月、3ヶ月といった期間を実際に企業で過ごして貰うようにしています」とのこと。長期インターンシップで認められて、その企業に就職する学生も多いようです。

そのほか学校への協力を行なっている企業は多数あり、例えば映像制作プロダクションの白組と共同で「白組ヒューマンスタジオ」という制作スタジオを設立。新たなクリエイター養成スキームの確立と即戦力となりうる人材育成を行っているそうです。授業の講師にも現役のプロ講師が多数いるほか、定期的に開催されている「ゲームサーキットフォーラム」では著名なゲームクリエイターを招いて物作りやクリエイターの本音について聞くことができるそうです。(http://ha.athuman.com/event/game_20year/?code=120533)

ゲームはプログラム、グラフィック、サウンド、ネットワークなど様々な要素の組み合わせによって完成するものですから、多岐に渡るジャンルをカバーしているヒューマンアカデミーの特色が活かせる分野でもあります。ヒューマンアカデミーでは「クロスオーバーカリキュラム」という制度を設けていて、総合学園のメリットを活かし、他のカレッジ・専攻の授業を受講することができるそうです。これによって多角的なスキルや視野を身につけることができ、仕事の現場でも力を発揮してくれるのです。



これまで多くの学生をゲーム業界に送り出し、実践的で充実した教育を行なっている総合学園ヒューマンアカデミー。興味のある方は是非東京ゲームショウのブースに足を運んでみてください。



なお、22日、23日の一般公開日のブースではWiiやニンテンドー3DSなどが当たる大抽選会も実施予定。こちらも併せてチェックしてみてください。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

    【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  2. 「高額」「酔い」の不安残るもVR機器はゲーマーの期待度大…海外調査報告

    「高額」「酔い」の不安残るもVR機器はゲーマーの期待度大…海外調査報告

  3. 日本の心と『ポケモンGO』―見えないものが宿る場所を求めて【オールゲームニッポン】

    日本の心と『ポケモンGO』―見えないものが宿る場所を求めて【オールゲームニッポン】

  4. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  5. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  6. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  7. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  8. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  9. フロム・ソフトウェア1DAYインターンシップに潜入!最前線のデザイナーが学生にアドバイス

  10. 【レポート】東京23区並みに広大な「Seastack Bay」のライティング技術…Enlightenのデモで明かされた同社の考え方

アクセスランキングをもっと見る

page top