人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2012】シングルプレイで『モンスターハンター4』を体験!新モンスター「ケチャワチャ」討伐にチャレンジ

任天堂 3DS

【TGS 2012】シングルプレイで『モンスターハンター4』を体験!新モンスター「ケチャワチャ」討伐にチャレンジ
  • 【TGS 2012】シングルプレイで『モンスターハンター4』を体験!新モンスター「ケチャワチャ」討伐にチャレンジ
  • 【TGS 2012】シングルプレイで『モンスターハンター4』を体験!新モンスター「ケチャワチャ」討伐にチャレンジ
  • 【TGS 2012】シングルプレイで『モンスターハンター4』を体験!新モンスター「ケチャワチャ」討伐にチャレンジ
先ほどのマルチプレイに続き、今度はシングルプレイで新モンスター「ケチャワチャ」の討伐にチャレンジします。武器は「双剣」を選択。ステージは「遺跡平原」となります。

これまで紹介してきた遺跡平原では、草が生い茂る点や起伏の激しい山岳地帯がある点などを特筆してきましたがケチャワチャと戦うエリアはガラリと変わります。ケチャワチャはジャングルのようなエリアを縄張りとしています。上を見るとツタやツルが生い茂り、地上は細かい段差がいくつもあります。

一方、ケチャワチャは上述のエリアを縄張りとしているだけあり、その風貌は手足がサルの様です。更に、ケチャワチャを観察してみると鼻はゾウのように伸び、キツネのように耳が大きく立っています。これだけでもトリッキーな動きで襲ってきそうな予感が持てます。

攻撃は、基本プレイヤーが地上に居るときはツタにぶら下がりながら攻撃してくることがメインとなります。イメージはフルフルが天井からぶら下がりで攻撃してくる形と似ています。しかし、攻撃はしつこく移動スピードは速いので単純に地上から攻撃することは辛かったです。

そこで、このエリアにはツタやツルでできた梯子が用意されています。この梯子を登るとツタやツルで生い茂っている上に出ることができます。これで倒せる!と思いきやここからが本領発揮と言わんばかりにケチャワチャの攻撃パターンが増えます。

ケチャワチャは生い茂っているツルやツタの間を利用して、プレイヤーの足元から突き上げる攻撃をしてきます。ディアブロスが地面に潜った後の攻撃と似ています。それ以外では、ムササビのように皮膜を拡げ滑空攻撃を仕掛けてきます。クルペッコやゲリョスの攻撃と似ています。

多彩な攻撃やトリッキーな動きで翻弄してくれるケチャワチャは、怒り時で風貌が変わります。怒り時は、頭部の耳を閉じ仮面を被ったような姿で襲ってきます。連続攻撃も増え、動きを掴めない初見時は苦戦を強いられることになりそうです。

先程のマルチプレイ時に戦ったティガレックスと違い、体も大きくはないので飛び乗ることができました。この飛び乗るアクションは本作の新要素となり是非ともチャレンジしてみたかった要素です。要領は段差ジャンプ中にXボタンでジャンプ攻撃を仕掛けた際に、モンスターの特定部位にヒットさせると乗り状態へと派生します。

乗り状態になった後は、モンスターに振り落とされないようにRボタンでしがみつきながらXボタンかAボタンで攻撃をします。この乗り状態は臨場感があり、興奮させてくれます。

これまでとは一味違った、ケチャワチャとも戦える『モンスターハンター4』は長時間並んでもゲームショウに来たらプレイして欲しいタイトルです。その際は、ティガレックスよりもケチャワチャの方が難易度、新要素的にオススメです。
《秋葉友樹》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

    『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

  2. 最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

    最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

  3. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  4. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  5. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  6. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  7. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  8. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  9. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  10. 【3DS DL販売ランキング】『妖怪ウォッチ3 スシ』連続首位、電子コミック『デジコロ』続々ランクイン(7/28)

アクセスランキングをもっと見る

page top