人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2012】3Dで復活した成歩堂くんは健在!『逆転裁判5』プレイレビュー

任天堂 3DS

【TGS 2012】3Dで復活した成歩堂くんは健在!『逆転裁判5』プレイレビュー
  • 【TGS 2012】3Dで復活した成歩堂くんは健在!『逆転裁判5』プレイレビュー
  • 【TGS 2012】3Dで復活した成歩堂くんは健在!『逆転裁判5』プレイレビュー
  • 【TGS 2012】3Dで復活した成歩堂くんは健在!『逆転裁判5』プレイレビュー
  • 【TGS 2012】3Dで復活した成歩堂くんは健在!『逆転裁判5』プレイレビュー
  • 【TGS 2012】3Dで復活した成歩堂くんは健在!『逆転裁判5』プレイレビュー
  • 【TGS 2012】3Dで復活した成歩堂くんは健在!『逆転裁判5』プレイレビュー
  • 【TGS 2012】3Dで復活した成歩堂くんは健在!『逆転裁判5』プレイレビュー
  • 【TGS 2012】3Dで復活した成歩堂くんは健在!『逆転裁判5』プレイレビュー
東京ゲームショウ2012のカプコンブースにて、大人気法廷アドベンチャーシリーズ待望の最新作『逆転裁判5』を試遊してきました。

ゲームさながらの崩れた法廷を模したブースでは、裁判官や傍聴席のごとくひな壇状に並んだ試遊台で大勢が3DSに向かっていました。今回試遊できたのは「体験版」として用意されたもの。『逆転裁判4』から1年後、8年振りに法廷に復帰した成歩堂を待ち受ける"法廷の爆破"という衝撃的な事件の、法廷パートを遊ぶことができます。

裁判前に緊張する成歩堂の様子はシリーズお馴染みながら、8年経っても変わらないのはファンにとって安堵を誘う嬉しい演出でもあります。ここで登場するのは新キャラクターで本作での成歩堂の助手となる希月心音(キヅキココネ)で、鮮やかな黄色のスタイルが目を引く新米弁護士。勝気で少し喧嘩っ早そうな性格は、過去作のパートナーとはまた異なる印象です。

今回弁護することになるのは法廷爆破の被告人、森澄しのぶ。対する亜内文武検事はお馴染み亜内検事の弟で、もちろん「つきつける」のが成功した際には頭部にまつわるあの演出も健在です。

シリーズ初の3DSがプラットフォームとなり、何より目を引くのはグラフィック。高精細になっただけでなく、3DSならではの立体映像に合わせ、キャラクターや背景などが総3D化。合わせてカメラ演出も豊富になり、いつもとは異なるアングルからのキャラクターカットや、法廷をぐるりと俯瞰する映像などが追加されていました。更にこれらが立体で見えるため、迫力が増しただけでなく、従来ではわかりにくかった各キャラクターの位置関係などが遥かに把握しやすくなった印象。

3D化したとはいえ、今までのグラフィックの独特の持ち味は全く損なわれておらず、成歩堂の決めポーズをはじめとするモーションのテンポも変わりません。この点はファンなら嬉しいとともにホッとするはず。雰囲気は崩さず高クオリティに、滑らかで豊富なモーションや立体映像ならではの迫力を追加して磨き上げた、いい例だと言えそうです。

ゲームシステムは今までと変わらず、証言を聞き、ゆさぶり、証拠品をつきつけて「ムジュン」を見つける流れ。しかし、それだけでは「ムジュン」が発見できなかった場合に本作から登場するのが新システム「ココロスコープ」。心理分析を得意とするココネの力を借り、証言中の被告人の感情を読み取る能力です。

ココロスコープを使うと、証言中に四隅に「喜び」「怒り」「悲しみ」「驚き」をあらわす4つのマークが表示されます。各マークは、証言が進むのに合わせて、証言者が証言している状況時に感じた感情に合わせて1つもしくは複数が光ります。その際その感情に「ムジュン」を感じたら各マークをタッチし、「つきとめる」でムジュンを追求することができます。上手くいくと「UPDATE」と表示され、更に詳細を追加した証言を聞くことができます。

証言を感情側からも探ることができるココロスコープは単純明快でとっつきやすく、上手にシステムに馴染んでいる印象でした。ココロスコープで更なるムジュンを発見し、さあ、これから一挙に解決するぞ、というところで終わってしまった今回の体験版。まだ発売日は未定ですが、2013年発売予定という『逆転裁判5』。今からプレイするのが待ち遠しいです。
《ひよKing》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』試射会でも使える初心者向けテクニック10選 ─ 他のイカたちに差をつけろ!

    『スプラトゥーン2』試射会でも使える初心者向けテクニック10選 ─ 他のイカたちに差をつけろ!

  2. ニンテンドースイッチ本体更新データVer.2.1.0配信、システム安定性や利便性向上

    ニンテンドースイッチ本体更新データVer.2.1.0配信、システム安定性や利便性向上

  3. 『ゼルダの伝説 BotW』制作秘話映像の番外編―“祠”に名前が付けられた理由

    『ゼルダの伝説 BotW』制作秘話映像の番外編―“祠”に名前が付けられた理由

  4. 【Wii U DL販売ランキング】『ゼルダ』『マインクラフト』『スプラトゥーン』人気変わらず、『カービィWii』も浮上(3/27)

  5. 【プレイレポ】『スプラトゥーン2 先行試射会』の6時間はあっという間だった…!イカした正統進化でより奥深く

  6. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  7. E3 2017では「スイッチ」「3DS」の新作展示へ―米任天堂レジー社長

  8. 「ヨドバシ.com」でスイッチの在庫が復活【追記あり】

  9. 『モンハン ダブルクロス』小嶋P&市原Dによるセミナー開催!開発過程や「モンスター」の誕生秘話を語る

  10. ニンテンドースイッチ左ジョイコン認識問題、今後改善へ―任天堂が海外声明

アクセスランキングをもっと見る