人生にゲームをプラスするメディア

ついにヴェールを脱いだ「Wii U GamePad」、その機能・性能に迫る

任天堂 Wii U

ついにヴェールを脱いだ「Wii U GamePad」、その機能・性能に迫る
  • ついにヴェールを脱いだ「Wii U GamePad」、その機能・性能に迫る
  • 各種搭載センサーの紹介
  • センサーバー機能搭載部分
  • GamePadに常時メニュー画面を表示させ、TV画面をすっきりさせる
任天堂は、9月13日16時から放送した「Wii U発売に関するプレゼンテーション」のなかで「Wii U GamePad」の詳細な機能を発表しました。

本体に1台同梱されるGamePadは6.2インチのタッチスクリーンを備える、Wii Uのコントローラーです。タッチ操作はもちろん、十字キー・2つのアナログスティックを搭載し、A・B・X・Yボタン、左右2つのLRボタンとゲームコントローラーとして標準の入力機能をもっています。また、地磁気センサー・加速度センサー・ジャイロセンサーの3つのセンサーを搭載しています。

任天堂の岩田社長はプレゼン内で、「テレビを占有しない初めてのゲーム機」と述べたように、6.2インチのスクリーンには実際のゲーム画面や、テレビでのゲーム情報を補う、マップやメニュー画面などの様々な情報が表示されます。この点についても、岩田氏は「現代人はスマホやタブレットをいじりながらテレビ番組を鑑賞するのは当たり前になっており、役割の異なる2つの画面を使い分けることに習熟している」と語りました。

また、ネットなどを介して友達とコミュニケーションをとる際には、カメラやマイク、タッチパネルはメッセージボードになるといったコミュニケーションツールとしても活用可能です。

2つの動作」あくまでもWii U本体から「映像を伝送する」という仕組み上、GamePad側から何かをすることはできません。あくまでも、GamePadの入力信号をもとに、本体で映像を生成しGamePadへ伝送するという流れになります。なお、映像の遅延については「全くない」と語り、「最初からレイテンシーをなくすために設計してきた」と自信を持って述べていました。

異なる2つのゲーム画面が使用可能になったことにより、今までではできなかったゲームプレイも可能になっています。例えば2人でプレイする際に、お互いの手の内が分からないようにプレイすることができます。Wii U本体への同時接続は最大で2台までとなっており、2013年以降はGamePadを2台使用してプレイするタイトルも登場予定ということです。実際にはどういったタイトルが、どんな機能を採用しているのかは、まだ明らかにはなっていません。ソフトに関する情報は、13日23時より行われる「Nintendo Direct Wii U Preview」にて発表予定です。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」『マリオメーカー』でネコピーチが極悪コースを作成! 発売直前の『ミートピア』にも迫る

    「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」『マリオメーカー』でネコピーチが極悪コースを作成! 発売直前の『ミートピア』にも迫る

  2. 『ポケモンGO』Ver.0.49.1ではポケモンをまとめてアメに変換可能!アプデ情報が公開

    『ポケモンGO』Ver.0.49.1ではポケモンをまとめてアメに変換可能!アプデ情報が公開

  3. AC『ポッ拳』「エンペルト」紹介映像が公開、威厳漂う水と氷のバトルをチェック

    AC『ポッ拳』「エンペルト」紹介映像が公開、威厳漂う水と氷のバトルをチェック

  4. Wii U向けBASICプログラミングソフト『プチコンBIG』配信日決定!周辺機器を活用したプログラムも作成可能

  5. タッチ操作でダンジョンを探索する『セヴァード』3DS版が配信決定、詳細は後日発表

  6. 『Fate/Grand Order』が「一番くじONLINE」に登場! ラインナップは12月12日にお披露目

  7. 『モンハン ダブルクロス』自分で設置した「罠」を破壊可能! 狩りがより快適に

  8. 『とびだせ どうぶつの森』アプデで『スプラトゥーン』『ゼルダ』『モンハン ストーリーズ』のamiiboコラボが実施!

  9. 『とびだせ どうぶつの森』が「フエキのり」とコラボ!“あのノリ”の配信アイテムが登場

  10. 『ポケモン サン・ムーン』作中デザインのTシャツが登場!「スカル団」ピンバッジなども

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top