人生にゲームをプラスするメディア

Wii U版『ゼルダの伝説』は2014年にリリースか?

任天堂 Wii U

Wii U版『ゼルダの伝説』は2014年にリリースか?
  • Wii U版『ゼルダの伝説』は2014年にリリースか?
  • Wii U版『ゼルダの伝説』は2014年にリリースか?
  • E3 11: 『Wii U』の本体画像が登場、『ゼルダの伝説』最新作のイメージも!
Wii U版『ゼルダの伝説』に関する詳細やリリース時期が海外サイトで報じられています。

Wii U版『ゼルダの伝説』は数百人が関わっている任天堂史上最大規模のプロジェクトで、サブタイトルはまだ未定だということです。前作のプロデューサー青沼英二氏が引き続き担当しており、2010年後半からプロジェクトがスタートしています。

グラフィックはフルHDで、ビジュアルスタイルは前作『スカイウォードソード』を継承。それはゼルダゲームを幅広いユーザー層にアピールしたいと考えている任天堂が、その手応えを感じた『スカイウォードソード』と同じ手法をWii U版でも引き続き採用しているからだということです。

またゲームの開発と平行して一から作られた最先端のビジュアルエンジンを使用しており、それにはサードパーティ製のミドルウェア「Umbra」も含まれています。

Wii Uゲームパッドについては当初から構想に取り入れられており、ナビゲートやトラップの回避など様々な用途に使用されています。さらに驚くことに、ゼルダチームからのアドバイスでWii Uゲームパッドに追加された機能も存在しているということです。

ミニゲームやサイドクエストについても計画されており、オーケストラよる新たなサウンドトラックも製作中です。

マルチプレイ要素については期待するファンも多いと思いますが、残念ながら今回も搭載されていません。シリーズの伝統にしたがい最初から構想に入ることはなかったようです。プレイヤーがダンジョンのヒントを残したり等の、Miiverseのような要素は取り入れられる予定ですが、現在はまだ計画段階です。

なお、発売時期は2014年ということですが、当初は2013年秋の予定だったようです。

今回の情報だけでも、Wii U版ゼルダはWii Uの機能を最大限に活かしたWii Uのためのビッグタイトルだと言えそうです。

ソース元は、以前「Wii U achievements」や「Miiverse」の存在を予測した任天堂関係者だということで、該当サイトではかなり信頼できる情報筋だと明かしています。

しかしこれらはあくまでも非公式なリーク情報にすぎません。仮に本物の情報であったとしても、全てを掌握する人物からの発表ではないため、あくまでも噂程度でとどめていた方がいいかもしれません。
《菜種》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  2. 【ゲームの中では傍若無人】36回:3DS『スライムの野望』現実世界でも乗っ取りができたらいいのに…

    【ゲームの中では傍若無人】36回:3DS『スライムの野望』現実世界でも乗っ取りができたらいいのに…

  3. Wii U向けVC『川のぬし釣り5』『キングスナイト』7月6日配信

    Wii U向けVC『川のぬし釣り5』『キングスナイト』7月6日配信

  4. 『牧場物語 3つの里の大切な友だち』恋愛から結婚、そして子供が生まれるまでの流れが公開

  5. 『世界樹の迷宮V』迷宮で出会う謎めく少女たちを紹介! すれちがい通信で友達のキャラが迷宮に登場

  6. HMD&銃型コントローラーで『スプラトゥーン』をプレイする「スプラトゥーン ハック!」がすごい

  7. 『ぼくのなつやすみ』シリーズの綾部和氏による新作3DSタイトル『怪獣が出る金曜日』配信開始、

  8. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の映像が多数公開! 独自要素やamiibo「ウルフリンク」の要素も判明

  9. 任天堂版「PlayStation」発見される…世に出回っていないと思われていた幻のゲーム機

  10. 【E3 2016】「ニンテンドウ64」モチーフのBluetoothコントローラー登場、PCやスマホに対応

アクセスランキングをもっと見る

page top