人生にゲームをプラスするメディア

「ニコニコ超会議」2013年開催決定 ― 前回を継承しつつ、さらなる挑戦へ

その他 全般

「ニコニコ超会議」2013年開催決定 ― 前回を継承しつつ、さらなる挑戦へ
  • 「ニコニコ超会議」2013年開催決定 ― 前回を継承しつつ、さらなる挑戦へ
ドワンゴとニワンゴは、2013年4月27日、28日の2日間、幕張メッセにて「ニコニコ超会議2」を開催することを発表した。このイベントは、両社が運営する動画サービス「niconico」をコンセプトにしたものだ。
今年の4月28日、29日に、幕張メッセのホール1からホール8までを使用して第1回が開催されている。その際は、9 万2384人もの来場者と、347万766人ネット参加者(ネット来場者)を集め、その盛況ぶりが注目された。

「ニコニコ超会議」の特徴は、ニコニコ動画同様のなんでもありのカオス感である。あらゆるカテゴリー、ジャンル擁するニコニコ動画の全てを、リアルイベントに移し替えることを目指す。そのコンセプトは「ニコニコ動画のすべて(だいたい)を地上で再現する」だ。
そこにはボーカロイドの楽曲や歌ってみた、踊ってみたなどのパフォーマンス、アニメやゲームのイベント、趣味やホビー、さらに政治や討論会までもカバーされる。コミケやワンフェス、ゲームフェアやジャンプフェスタまで、国内には様々なイベントがあるが、そののどれとも違う独自の世界を作り上げる。

第2回となる2013年は、前回のイベントを継承しつつ、さらなる挑戦をしていくとている。開催までまだ8ケ月もあるが、早くもティザーイメージを発表しており、その意気込みの高さが感じられる。
チケット発売情報や展示ホール・イベントホール企画などの詳細は、今後随時発表される予定だ。一方で、現在すでに公式ロゴマークやフードコートで展開するニコニコオリジナルの料理メニューの募集を開始している。
また、イベントのカテゴリー企画を考案したユーザーに対して、当日約10個のブースを解放する「カテゴリ発掘企画」の募集も⾏っている。新しいアイディアの発掘に、引き続き意欲的に取り組む。

ニコニコ超会議2
開催日 :2013年4月27日(土)、28日(日)
会場: 幕張メッセ
公式サイト: http://www.chokaigi.jp/

「ニコニコ超会議」2013年に再び 動画配信発のビッグイベントがさらなる挑戦

《animeanime》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  2. 【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

    【猫の日】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題

  3. 【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

    【特集】『頭がとろけそうになるアニメ』10選…「たーのしー!」「FXで有り金全部溶かす人の顔」「ワサワサ」など

  4. 「TGS2017」は9月21日~24日開催に、VR/AR・e-Sports・動画配信などの要素を強化

  5. 破壊された“200体の人形”が伝える『ニーア オートマタ』の世界観とは…ヨコオタロウ氏原案のMVをお披露目

  6. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  7. このおっぱい、決して触れるべからず ─ D3Pが斬新なカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」を公開

  8. 人類、おっぱいの誘惑に敗北か!? パイタッチは800万回を超え、D3P新作発表は100日以上先に…アクセス過多で接続も困難

  9. 【インタビュー】『バイオハザード7』の恐怖を支えた新技術が凄い ― 写真から3Dモデルを生成、各キャラには実在モデルが居た

  10. 【レポート】現実世界で戦うARロボット「メカモン」登場 ― カスタマイズや対戦も可能で、大会もサポート予定

アクセスランキングをもっと見る