人生にゲームをプラスするメディア

EA、次世代機に向け3~5つの新規IPを制作中

ゲームビジネス その他

EA Labels代表のFrank Gibeau氏は、すでに次世代機向けの新規IPを3~5つは制作していることを明らかにしました。

Bloombergのビデオインタビューにて明かされたもので、だいぶ前から伝えられているように、EAは次世代機向けのゲームの開発に多額の投資をしています。次世代機のロンチ後、24ヶ月以内にはどの新規IPも発売できるとしています。

なぜこれほどまで、EAが次世代機の対応にこだわるかといえば、氏は「PS3/XBOX360での不安定なスタート」にあるとしています。「最終的にはトップパブリッシャーには戻れたが、それまでに数年かかった。しかし、その数年で、ハードの移行期はどうすべきで、何が間違いなのか、そして今何をすべきかということ学んできた」と述べています。

今世代機への移行の際は「SD画質からHD画質になり、ネットワークに繋がっていない箱が急にゲーマーのオンラインポータルになるという変化にはかなり手こずらされたが、今度は同じミスはしない」と話しました。

《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 日本の心と『ポケモンGO』―見えないものが宿る場所を求めて【オールゲームニッポン】

    日本の心と『ポケモンGO』―見えないものが宿る場所を求めて【オールゲームニッポン】

  2. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

    あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  3. ジョイポリスの“実際に歩ける”VRアトラクションは7月23日オープン!ゾンビから拠点を守るリアルFPS

    ジョイポリスの“実際に歩ける”VRアトラクションは7月23日オープン!ゾンビから拠点を守るリアルFPS

  4. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  5. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  6. 2017年の世界のゲーム市場は11兆円規模に・・・次世代機が成長牽引もシェアは縮小

  7. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  8. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  9. 【レポート】東京23区並みに広大な「Seastack Bay」のライティング技術…Enlightenのデモで明かされた同社の考え方

  10. すき家で「マリオオリジナルパズルプレゼント」キャンペーン

アクセスランキングをもっと見る

page top