人生にゲームをプラスするメディア

『New スーパーマリオブラザーズ2』有料DLCはユーザーに再度ゲームを楽しんでもらうため ― 任天堂岩田社長が語る

任天堂 3DS

任天堂の岩田社長が、海外サイトのインタビューで『New スーパーマリオブラザーズ2』の有料DLCに対する姿勢について語っています。

これまでの任天堂のゲームは、すべてのコンテンツをディスクやカートリッジに取り込んだ、完全な製品として発売される傾向がありました。しかし先日発売された『New スーパーマリオブラザーズ2』では、有料DLCとしてコインラッシュコースの配信が決定しています。

岩田社長のこれまでのコメントから、任天堂は有料DLCの導入について反対の立場をとっていると思われていましたが、絶対出さないとも明言してはいませんでした。

今回の『New スーパーマリオブラザーズ2』の有料DLCについて岩田社長は、ゲームをクリアしてしまい、もう何もやる事がなくなってしまったユーザーに、もう一度楽しんでもらうためのDLCであると語っています。

購入したゲームに含まれるすべてのコンテンツをクリアしてしまうと、ユーザーはやる気を失いチャレンジすることもなくなってしまいます。しかし新しいステージや新キャラクターが登場すれば、ユーザーのモチベーションは上がり、再びゲームをプレイしたいという気持ちになると岩田社長は考えているようです。

最近のコアゲームの一部にみられる、いわゆるDLC商法のようなものは、ユーザーのモチベーションを低下させ、ゲームショップにパッケージゲームを買いに行こうと思わなくなるだろうと岩田社長は危惧しています。

今回の有料DLC配信で、任天堂がそのような方向へ向かおうとしているのではと心配している人も多いと思います。しかしインタビューの中で岩田社長は、「そのようなやり方は任天堂が作ろうとしているDLCではない」と語り、「絶対行わないことを保証する」と断言しました。
《菜種》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. ヨドバシ.comでニンテンドースイッチ(グレー)の予約受付が再開【追記あり】

    ヨドバシ.comでニンテンドースイッチ(グレー)の予約受付が再開【追記あり】

  2. 『スプラトゥーン2』「タテ振り」アクションに注目集まる“ローラー”には更なる調整が! 公式Twitterが映像付きで報告

    『スプラトゥーン2』「タテ振り」アクションに注目集まる“ローラー”には更なる調整が! 公式Twitterが映像付きで報告

  3. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明

  4. ファミコン700作以上の海外スピードラン、3年がかりで遂に完走

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』新作でどうなる!?前作に出た気になる注目ブキ10選

  6. スイッチ版『VOEZ』にはオリジナル楽曲を含む全116曲が収録、独占楽曲追加の無料アプデも実施予定

  7. 【Wii U DL販売ランキング】『MINECRAFT:Wii U EDITION』首位奪還、『ファイアーエムブレム』シリーズ人気再び(2/27)

  8. ニンテンドースイッチ、Amazonなどで予約再開【追記あり】

  9. 今週発売の新作ゲーム『Nintendo Switch+Joy-Con(L)/(R)』『Horizon Zero Dawn』『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』『1-2-Switch』他

  10. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

アクセスランキングをもっと見る