人生にゲームをプラスするメディア

【CEDEC 2012】桜井氏「新キャラの新ワザを考えるのは楽しい」・・・『スマブラ最新作』

ゲームビジネス その他

【CEDEC 2012】桜井氏「新キャラの新ワザを考えるのは楽しい」・・・『スマブラ最新作』
  • 【CEDEC 2012】桜井氏「新キャラの新ワザを考えるのは楽しい」・・・『スマブラ最新作』
  • 【CEDEC 2012】桜井氏「新キャラの新ワザを考えるのは楽しい」・・・『スマブラ最新作』
  • 【CEDEC 2012】桜井氏「新キャラの新ワザを考えるのは楽しい」・・・『スマブラ最新作』
  • 【CEDEC 2012】桜井氏「新キャラの新ワザを考えるのは楽しい」・・・『スマブラ最新作』
  • 【CEDEC 2012】桜井氏「新キャラの新ワザを考えるのは楽しい」・・・『スマブラ最新作』
  • 【CEDEC 2012】桜井氏「新キャラの新ワザを考えるのは楽しい」・・・『スマブラ最新作』
ソラの桜井政博氏はCEDECで初登壇し、基調講演で「あなたはなぜゲームを作るのか」と題して講演しました。

現在Wii Uとニンテンドー3DS向け『大乱闘スマッシュブラザーズ最新作』を手かげている桜井氏ですが、本作についての言及はほとんどなし。桜井氏は「本当は作っていることすら隠しておきたかったけれど、未来研究所に出入りしているところをツイートされても困るので発表した」とコメント。「実際に見せられるものができて、物を見せながらプレゼンするべきで、それまでは我慢すべき」とポリシーを語りました。

ただ、「新キャラの新ワザを考えるのは楽しいなと思っているところ」との興味深いコメントもありました。

ちなみに本基調講演の前にはCESA会長を務めるバンダイナムコゲームズの鵜之澤伸副社長から紹介コメントでは、桜井氏が本作の開発スタートにあたり新居を未来研究所の至近に移したというエピソードも紹介。バンダイナムコゲームスとバンダイナムコスタジオが実制作を担当し、桜井氏も未来研究所に机を持って開発に当たっているとのこと。

なお、桜井氏が独立後最初に手がけた『メテオス』は鵜之澤氏が取り仕切っていたバンダイナムコからパブリッシングされたという縁もあります。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

    【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  2. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

    【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  3. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

    【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

  4. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  5. 【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

  6. 不思議な感触!スライムの新商品が登場―メガハウス

  7. 【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

  8. 【CEDEC 2013】アメリカでゲームを売るには子どもの頃からの「刷り込み」が効果的!? 2K Gamesの小島氏が語る「アメリカのゲームスタジオで働いて学んだこと」

  9. 女性向けゲームブランド「QuinRose」のアートムーヴが事実上倒産 ― 『ハートの国のアリス』シリーズなど

  10. ハピネット、子会社2社を合併 「任天堂との関係を強化」

アクセスランキングをもっと見る

page top