人生にゲームをプラスするメディア

山内氏『グランツーリスモ6』は鋭意製作中

その他 全般

「グランツーリスモ6」について語ったプロデューサー山内一典氏
  • 「グランツーリスモ6」について語ったプロデューサー山内一典氏
  • グランツーリスモのアジア最速ドライバーを決定する「アジアチャンピオンシップ 2012」
  • グランツーリスモのアジア最速ドライバーを決定する「アジアチャンピオンシップ 2012」
  • グランツーリスモのアジア最速ドライバーを決定する「アジアチャンピオンシップ 2012」
  • GTアカデミーの欧州初代チャンピオン、ルーカス・オルドネス選手がスペインから駆けつけた
  • GTアカデミーの欧州初代チャンピオン、ルーカス・オルドネス選手がスペインから駆けつけた
  • グランツーリスモのアジア最速ドライバーを決定する「アジアチャンピオンシップ 2012」
プレイステーション用ゲームソフト「グランツーリスモシリーズ」の最新作となる『グランツーリスモ6』について、同ゲームのプロデューサー山内一典氏は「鋭意製作中」と語り、次回作に向け開発が進んでいることを明かした。

これは、8月11日に開催されたグランツーリスモのアジア最速ドライバーを決定する大会、「アジアチャンピオンシップ 2012」の中で行なわれたトークショーで山内氏が語ったもので、山内氏は「うっかり、いつ発売とか言っちゃうと、“また遅れた”とか言われちゃうので、もう言わない!」と発売時期に関しては明言を控えた。

今回開催された「アジアチャンピオンシップ 2012」では、参加者のほとんどが10代であったことに山内氏は「日本のスポーツカーのファンが高齢化しているなか、グランツーリスモ5をリリースしてからずいぶんと世代交代がおこっていて、このような若い方に遊んで頂いて驚いています」と、驚きのコメントを残していた。

グランツーリスモ6…プロデューサー山内氏「鋭意製作中」

《椿山和雄@レスポンス》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 随所が“ビッグスケール”に…「ダンまち」の「ヘスティア」が1/4スケールでフィギュア化

    随所が“ビッグスケール”に…「ダンまち」の「ヘスティア」が1/4スケールでフィギュア化

  2. 島本和彦が「庵野…オレの負けだ…」とツイート、このシン・ゴジラの  どこががすばらしいのかを  トンコさんに教えてあげたい

    島本和彦が「庵野…オレの負けだ…」とツイート、このシン・ゴジラの どこががすばらしいのかを トンコさんに教えてあげたい

  3. 初代「ベイブレード」12年の時を経て復活! 「ベイブレードバースト」シリーズにてリバイバル

    初代「ベイブレード」12年の時を経て復活! 「ベイブレードバースト」シリーズにてリバイバル

  4. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  5. 全編主観視点のFPS風映画「Hardcore Henry」が日本上陸!カナザワ映画祭2016にて爆音上映決定

  6. 「機動警察パトレイバー」完全新作をスタジオカラーが制作!BD化、劇場上映も決定

  7. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』海外ユーザーが最大レベルに到達、最新作『イナズマイレブン』への質問に日野晃博が返答、コロプラがVRロボ格闘ゲームを発表…など(7/28)

  8. 「家庭教師ヒットマンREBORN!」 6年ぶり新作映像!「エルドライブ」とのコラボアニメに

  9. カプコンが謎めくティザーサイト「プロジェクト パルマ」をお披露目…主演には梅原裕一郎

  10. 「ダンまち」と『WizardryOnline』がコラボ…「例の紐」が装備アイテムに

アクセスランキングをもっと見る

page top