最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
丸4日ゲームをやり続けた15歳の少年、脱水症状で倒れる

丸4日ゲームをやり続けた15歳の少年、脱水症状で倒れる

2012年8月11日(土) 11時30分

アメリカでゲームに関連するショッキングな事件が報じられました。

事件を報じたCBSクリーブランドの記事によると、入院したのはタイラー・リグビーという15歳の少年です。Xbox360版の『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3』を丸4日プレイした結果、脱水症状を起こして入院してしまったということです。

母親は記者に「タイラーはお菓子を食べるか、用を足す以外には部屋から出てこなかったわ」と語っています。また、「ほんとに怖かったわ。タイラーが死ぬんじゃないかって。だって3回も倒れたのよ。」とも語っています。さすがの彼女も今回の一件がこたえたのか、「Xbox360はもう捨てたわ」と言っていたそうです。

幸いにも、タイラー君は投薬治療の甲斐あって、回復に向かっているようです。

日本でも、これから休みの人が増える時期ですので、ゲームのしすぎで脱水症状など起こさないようにご注意下さい。もちろん水分補給をしても丸4日も続けてゲームするのは大変危険ですので、真似などしないようにして下さい。

(Article written by 宮崎紘輔)

その他アクセスランキング