人生にゲームをプラスするメディア

バットマン人気が止まらず!2012年7月のNPDセールスデータ

その他 全般

バットマン人気が止まらず!2012年7月のNPDセールスデータ
  • バットマン人気が止まらず!2012年7月のNPDセールスデータ
NPD Groupより2012年7月度の米国小売ゲーム市場セールスデータが公開されました。

ソフトウェアトップを制したのはEA Sportsの人気アメフトシリーズ最新版『NCAA Football 13』。6月に続きバットマンゲーム2タイトルが同時にTOP10入りし、日本でも公開中の人気映画『ダークナイト ライジング』の影響が大きいと見られます。

『Assassin's Creed: Revelations』や『Just Dance 3』、そしてGOTY版が発売された『Dead Island』などの旧作陣が再び勢いを見せる中で、これまで上位にいた『Diablo III』、『Max Payne 3』、『Ghost Recon: Future Soldier』といった準新作がTOP10外に追いやられる結果に。

1. NCAA Football 13 (Xbox 360, PS3 - EA)
2. Lego Batman 2: DC Super Heroes (Wii, Xbox 360, DS, PS3, 3DS, PS Vita, PC - Warner Bros.)
3. The Amazing Spider-Man (Xbox 360, PS3, 3DS, DS, Wii - Activision)
4. Just Dance 3 (Wii, Xbox 360, PS3 - Ubisoft)
5. Batman: Arkham City (Xbox 360, PS3, PC - Warner Bros.)
6. Call of Duty: Black Ops (Xbox 360, PS3, DS, Wii, PC - Activision)
7. Assassin's Creed: Revelations (Xbox 360, PS3, PC - Ubisoft)
8. NBA 2K12 (Xbox 360, PS3, Wii, PC - Take-Two)
9. Call of Duty: Modern Warfare 3 (Xbox 360, PS3, Wii, PC - Activision)
10. Dead Island (Xbox 360, PS3, PC - Deep Silver)

一方ハードウェアでは、7月に20万3,000台を売り上げたXbox 360が、これで19ヶ月連続で現行据え置き機のトップセラーを維持。その他のハードの販売数は公表されていませんが、唯一前年比増を果たしたのはニンテンドー3DSのみで、8月には新モデルの3DS XL(3DS LL)もローンチされるため、更なるセールス上昇が見込まれます。

尚、2012年7月の米国小売ゲーム市場は、ソフト・ハード・アクセサリー総売上で前年比20%減の落ち込みを見せ、長い縮小化傾向の一途をたどっているようです。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【レポート】『ポケモンGO』で広島の平和記念公園に行ってきた

    【レポート】『ポケモンGO』で広島の平和記念公園に行ってきた

  2. ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向

    ゲーム禁止とOKな子、成績に差なし…友達の数には意外な傾向

  3. 【週刊インサイド】『ポケモンGO』が話題をほぼ独占! 配信前の動きからサービス開始後の反響まで

    【週刊インサイド】『ポケモンGO』が話題をほぼ独占! 配信前の動きからサービス開始後の反響まで

  4. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到、「PlayStation VR」二次予約受付…各店舗の状況は?、『Project Sonic』海外発表…など(7/23)

  5. 弓矢でサバゲー! レジャー施設「CROSPO」に導入された“セーフアーチェリー”、矢がスポンジ製の安心設計

  6. 【昨日のまとめ】待望の国内配信がスタートした『ポケモンGO』、お役立ち情報からサーバーダウンまで話題一色…(7/22)

  7. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  8. 劇場版「遊戯王」が4DX/MX4Dに!今秋上映決定

  9. 【昨日のまとめ】マクドナルドが『ポケモンGO』とコラボ、『ポケモン サン・ムーン』ばけのかわポケモン公開、『ポケモンGO』データ通信料1年間無料サービス…など(7/20)

  10. USJ、今年も“やり過ぎ”なホラーイベント実施…「生きた虫」やVR映像を駆使する最恐アトラクションも

アクセスランキングをもっと見る

page top