人生にゲームをプラスするメディア

映画「るろうに剣心」監督とプロデューサーが作品制作過程を披露

その他 全般

 
  •  
8月8日デジタルハリウッド大学は、公開講座「監督とプロデューサーが語る映画『るろうに剣心』のすべて」を同校の秋葉原メインキャンパスで開催した。
8月25日に全国ロードショーとなる映画『るろうに剣心』の大友啓史監督と、久保田修プロデューサーを招いた。公開講座は公開を前に、監督、プロデューサーから映画『るろうに剣心』の製作秘話や作品の見所など、熱く語るものだ。

大友啓史監督は、1966年岩手県出身。1990年にNHKに入局。ハリウッドでの海外留学ののち、『龍馬伝』『ちゅらさん』『ハゲタカ』など、数々の人気ドラマを演出した。国際ドラマフェスティバル優秀賞、エランドール作品賞など国内外で多くの賞を受賞してきた。
2009年には、映画『ハゲタカ』で映画監督デビュー。新作『るろうに剣心』は、NHK退局後、初めての作品となる。

『るろうに剣心』は、「週刊少年ジャンプ」で連載された和月伸宏さんの人気マンガが原作である。講座では、本作の監督を引き受けたいきさつからスタートした。
大友監督は、最初にオファーを受けた時は、一見、これまでの作風とは違うことを意外に感じたが、改めて原作を読み返し、『龍馬伝』などで描いてきた幕末にも通じる明治時代の侍スピリットが素直に心に響き、ぜひやりたいと思ったという。
マンガを実写化するにあたっては「きちんと「剣心」という人物を描いていくことを柱に進めていきました」と大友監督は語る。
キャスティングについても「非日常的なキャラクターをリアルなものとし、きちんと画で内面まで語ってくれる人々でなければなりませんでした」と、その意図を説明。久保田プロデューサーも、若手の佐藤健、武井咲を主演に迎え、ベテラン俳優とのぶつかり合いが化学反応を起こすような形になったと自信を見せた。

また、アクション演出について大友監督は、ハリウッドに留学していた時に、言葉や文化の壁を超えて観客を楽しませるアクションは映画の原点であると実感したという。『るろうに剣心』では、国際的に活躍する谷垣健治アクション監督と共に細かい演出を練り上げ、「感情豊かなアクションが撮れたと思います」と、映画の見所を語った。
公開講座では、撮影に用いられた台本や、膨大な資料からの抜粋が用いられ、ひとつひとつを丹念に解説する大友監督に、来場者も真剣に耳を傾けていた。講義終了間際での質疑応答でも、活発なやり取りがかわされ、大友監督は、自身の留学経験やそこから学んだことを熱く語っていた。
[多摩永遠]

映画『るろうに剣心』
8月22日(水)23日(木)24日(金)先行上映決定
8月25日(土)全国ロードショー
http://www.rurouni-kenshin.jp/

公開迫る映画「るろうに剣心」 監督とプロデューサーが作品制作過程を披露

《animeanime》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』第2世代ポケモンが今週実装か?、『どこでもいっしょ』などがスマホ向けに展開、PS Plusの12月配信のコンテンツを紹介…など(12/7)

    【昨日のまとめ】『ポケモンGO』第2世代ポケモンが今週実装か?、『どこでもいっしょ』などがスマホ向けに展開、PS Plusの12月配信のコンテンツを紹介…など(12/7)

  2. インディーゲーム祭典「A 5th Of BitSummit」2017年5月に規模拡大し開催―出展受付も開始

    インディーゲーム祭典「A 5th Of BitSummit」2017年5月に規模拡大し開催―出展受付も開始

  3. P.A.WORKSのお仕事アニメ「サクラクエスト」 2017年4月放送スタート

    P.A.WORKSのお仕事アニメ「サクラクエスト」 2017年4月放送スタート

  4. クトゥルフ神話系TRPGが遊べる商業店舗「DARKGAME」オープン、人狼型ゲームやLARPも開催

  5. 「君の名は。」興行収入200億円突破!IMAX上映も決定

  6. 「ブックオフオンライン年間ランキング」ゲーム部門1位は『ドラクエIX』! 旧ハードの作品がずらり

  7. 【昨日のまとめ】『人喰いの大鷲トリコ』プレイレポ、クトゥルフ神話系TRPGが遊べる商業店舗「DARKGAME」、『妖怪ウォッチ』人気投票の1位は「3兆円」…など(12/6)

  8. 株式会社カラー10周年記念冊子の通販開始…本体価格は無料! 送料162円のみでお届け

  9. 【特集】『たけしの挑戦状2015』の“作りこみが半端ない”ので、エンディングまで攻略してみた

  10. 2016年にTwitterで最もつぶやかれたゲームは…?『ポケモン』『FFXV』『モンスト』などがランクイン

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top