人生にゲームをプラスするメディア

テイクツー、第1四半期は『マックスペイン3』など苦戦・・・デジタル分野を強化へ

ゲームビジネス 市場

米国の大手パブリッシャー、テイクツー・インタラクティブが発表した2013年度第1四半期の業績は、売上高2億2610億ドル(前年同期 3億3440億ドル)、営業損失1億1080万ドル(8600万ドルの利益)、純損失9880万ドル(200万ドルの利益)と苦戦しました。なお、この四半期のみに計上される契約上の支払い1500万ドルが含まれるとのこと。

第1四半期は『マックスペイン3』や『スペックオプス: ザ・ライン』『NBA 2K12』などの新作タイトルと、過去に発売した『グランド・セフト・オート』『レッド・デッド・リデンプション』などの販売が中心。これらのタイトルもデジタル分野を積極的に取り入れ、デジタル関連の売上は前年同期と比べて33%増加したとのこと。

テイクツーのStrauss Zelnick会長兼CEOは「第1四半期は『スペックオプス: ザ・ライン』や『マックスペイン3』の販売が想定を下回り、業績は期待を下回るものでしたが、今後のラインナップは過去最高のものと自負しています。『ボーダーランズ2』『NBA 2K13』『バイオショック インフィニット』など、今年はテイクツーにとって史上最高の年になると期待しています」とコメント。

また長期的な戦略については「我々はコアなコンソールビジネスにモバイルやオンラインプラットフォーム向けのデジタル商品を組み合わせる事で成長と業績のボラリティを最小化する事を目標としています。今期中には『NBA 2K Online』のβテストを中国で開始し、コアタイトルの拡張という意味では『マックスペインモバイル』をタブレットやスマートフォンに投入、初の国内向けソーシャルゲーム『COMEDY CENTRAL'S Indecision Game』もリリースし、日本向けに初のモバイルソーシャルゲーム『NBA 2K オールスターズ』を投入します。コアビジネスは逆風の中にありますが、我々は長期的な成長と収益性については依然として楽観的です」と述べています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『Branching Paths』試写会&座談会レポ―日本のインディーを振り返って

    『Branching Paths』試写会&座談会レポ―日本のインディーを振り返って

  2. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

    【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  3. 【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

    【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

  4. IBMによるアルファテスト版『ソードアート・オンライン』のゲーム画面とナーヴギアの写真をお届け

  5. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  6. 【レポート】進化を続けるLive2Dの現状と未来…「2Dと3Dのいいとこ取りを目指す」

  7. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  8. 『バトルフィールド 3』の累計出荷数が1500万本を突破

  9. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  10. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

アクセスランキングをもっと見る

page top