人生にゲームをプラスするメディア

テイクツー、第1四半期は『マックスペイン3』など苦戦・・・デジタル分野を強化へ

ゲームビジネス 市場

米国の大手パブリッシャー、テイクツー・インタラクティブが発表した2013年度第1四半期の業績は、売上高2億2610億ドル(前年同期 3億3440億ドル)、営業損失1億1080万ドル(8600万ドルの利益)、純損失9880万ドル(200万ドルの利益)と苦戦しました。なお、この四半期のみに計上される契約上の支払い1500万ドルが含まれるとのこと。

第1四半期は『マックスペイン3』や『スペックオプス: ザ・ライン』『NBA 2K12』などの新作タイトルと、過去に発売した『グランド・セフト・オート』『レッド・デッド・リデンプション』などの販売が中心。これらのタイトルもデジタル分野を積極的に取り入れ、デジタル関連の売上は前年同期と比べて33%増加したとのこと。

テイクツーのStrauss Zelnick会長兼CEOは「第1四半期は『スペックオプス: ザ・ライン』や『マックスペイン3』の販売が想定を下回り、業績は期待を下回るものでしたが、今後のラインナップは過去最高のものと自負しています。『ボーダーランズ2』『NBA 2K13』『バイオショック インフィニット』など、今年はテイクツーにとって史上最高の年になると期待しています」とコメント。

また長期的な戦略については「我々はコアなコンソールビジネスにモバイルやオンラインプラットフォーム向けのデジタル商品を組み合わせる事で成長と業績のボラリティを最小化する事を目標としています。今期中には『NBA 2K Online』のβテストを中国で開始し、コアタイトルの拡張という意味では『マックスペインモバイル』をタブレットやスマートフォンに投入、初の国内向けソーシャルゲーム『COMEDY CENTRAL'S Indecision Game』もリリースし、日本向けに初のモバイルソーシャルゲーム『NBA 2K オールスターズ』を投入します。コアビジネスは逆風の中にありますが、我々は長期的な成長と収益性については依然として楽観的です」と述べています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 言論の自由はどこまで言論の自由を許すか?・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第21回

    言論の自由はどこまで言論の自由を許すか?・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第21回

  2. 美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

    美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

  3. 【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

    【インタビュー】『シャドウバース』メインプランナーが今考えているコト―「バハムート降臨」からゲームデザイン論まで

  4. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  5. コミュニティとゲームの未来は?~「日本で育つ新しいコミュニティの魅力」新世代ブロードバンド研究会

  6. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  7. VR歩行デバイス「Omni」米国外からの予約がすべてキャンセルに―払い戻しを実施

  8. 宮本茂氏も登場する海外ドキュメンタリー「Unlocked」が12月公開!―ゲーム業界の様々な分野に迫る

  9. 【レポート】「狼と香辛料」作者・支倉凍砂の新作VRアニメ『Project LUX』を体験 ― ヒロインの声・モーションは田中あいみが演じる

  10. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

アクセスランキングをもっと見る