人生にゲームをプラスするメディア

ニンテンドー3DS LL、初週販売台数は18万7000台

任天堂 3DS

ニンテンドー3DS LL、初週販売台数は18万7000台
  • ニンテンドー3DS LL、初週販売台数は18万7000台
  • ニンテンドー3DS LL、初週販売台数は18万7000台
  • ニンテンドー3DS LL、初週販売台数は18万7000台
メディアクリエイトによると、任天堂が7月28日に発売した「ニンテンドー3DS LL」の初週販売台数が18万7480台であると公表しました。

「ニンテンドー3DS」が発売されて早1年半、画面の大きいサイズバリエーションとして「ニンテンドー3DS LL」が発売されました。年末から春先に掛けて新色や限定デザインの3DS本体が断続的に発売され続いている中での登場でしたが、いざ発売日を迎えてみると好調な滑り出しに。量販店では品切れも発生し、今日明日あたりに再入荷予定となっています。

3DSの週販台数が10万台を超えたのは、『新・光神話 パルテナの鏡』や『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D』発売週以来。今回は同時発売ソフトとして、DSで大ヒットしたタイトルの続編『New スーパーマリオブラザーズ2』と『鬼トレ』が揃ったこともあり、ハードもソフトも相乗で数字が伸びたようです。

ソフトの販売本数は、発売2日間で『New スーパーマリオブラザーズ2』が42万4000本、『鬼トレ』が4万本をそれぞれ売り上げました。どちらも3DSの定番タイトルとして、今後も長期にわたって売れていくことが期待されます。

なお、画面が大きくなったモデルの投入は過去にも1度あり、2008年11月1日にニンテンドーDSiが発売され、2009年11月21日にニンテンドーDSi LLが発売されました。こうして振り返ってみると、1年弱でサイズバリエーションを展開していることになります。

ニンテンドー3DSとニンテンドー3DS LLはこの先も併売されていき、ユーザーは用途に応じてどちらを購入するか選択することができます。
《まさと》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

    『ポケモンGO』「GPSの信号をさがしています」の対処方法とは

  2. 最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

    最弱なポケモン「コイキング」の歌が泣ける…!コイキングへの愛を語るサイト「I LOVE コイキングさん」オープン

  3. 【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

    【レポート】『ポケモンGO』レアポケモン「ラプラス」求め多くのトレーナーが江ノ島へ

  4. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ対談!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  5. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  6. 【特集】『ポケモンGO』がブームになるまで…イングレス、Google、Niantic、任天堂、ポケモンの取り組みを振り返る

  7. ゲーム攻略SNS「Lobi」にて「ポケモンGO攻略マップwiki」公開、現時点でポケモンの50%以上を発見

  8. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  9. 『ポケモンGO』各チームリーダーのビジュアルが公開、キャラデザを担当したコザキユースケからのイラストも

  10. 『ゼルダの伝説』30周年記念画集「ハイラルグラフィックス」8月26日発売、歴代アート2,000点以上を収録

アクセスランキングをもっと見る

page top