最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
今度の主人公は御剣検事!宝塚歌劇×『逆転裁判』第3弾公演決定

今度の主人公は御剣検事!宝塚歌劇×『逆転裁判』第3弾公演決定

2012年7月31日(火) 17時15分
  • 今度の主人公は御剣検事!宝塚歌劇×『逆転裁判』第3弾公演決定の画像
    今度の主人公は御剣検事!宝塚歌劇×『逆転裁判』第3弾公演決定
  • 今度の主人公は御剣検事!宝塚歌劇×『逆転裁判』第3弾公演決定の画像
    今度の主人公は御剣検事!宝塚歌劇×『逆転裁判』第3弾公演決定
  • 今度の主人公は御剣検事!宝塚歌劇×『逆転裁判』第3弾公演決定の画像
    今度の主人公は御剣検事!宝塚歌劇×『逆転裁判』第3弾公演決定
  • 今度の主人公は御剣検事!宝塚歌劇×『逆転裁判』第3弾公演決定の画像
    今度の主人公は御剣検事!宝塚歌劇×『逆転裁判』第3弾公演決定

カプコンは、『逆転裁判』シリーズを題材とした宝塚歌劇団による舞台「逆転裁判」の第三弾を2013年1月に公演することを決定しました。

『逆転裁判』シリーズは、シリーズ累計430万本の出荷本数を誇る人気ゲームです。これまでゲームボーイアドバンスやニンテンドーDSをはじめ、Wiiウェアや携帯電話、コミック、キャラクターグッズなどへの展開、さらに実写映画の公開や東京フィルハーモニー交響楽団と連携したオーケストラコンサートの実施など、幅広いジャンルで大好評を博しています。

宝塚歌劇団による舞台化は今回が三度目で、2009年に公開された公演では合計5万人超の動員を記録して大成功を収めています。また、前作までは成歩堂龍一(フェニックス・ライト)が主人公でしたが、今作ではこれまでのシリーズとは視点を変え、検事マイルズ・エッジワース(御剣怜侍)にスポットライトが当てられます。御剣怜侍が主人公と言えば、『逆転検事』シリーズが思い浮かびますが、はたして今作の公演ではどのような展開となるのでしょうか。

■公演予定
・シアター・ドラマシティ
2013年1月9日~1月17日 全席6,500円

・日本青年館
2013年1月23日~1月28日 S席6,500円 A席5,000円

脚本・演出は宝塚歌劇団演出家の鈴木圭氏が担当。前作に引き続き宙組が上演することが決定しており、マイルズ・エッジワースを演じた悠未ひろが、主演として再び同役に挑みます。

(Article written by 菜種)

その他アクセスランキング


パッケージ画像
機種 DS
ジャンル ADV
発売元 カプコン
開発元 カプコン
発売日 2005年09月15日
プレイ人数 1人プレイ専用