人生にゲームをプラスするメディア

主力タイトルへの投資などで経常赤字に ― コーエーテクモ第1四半期決算

ゲームビジネス その他

コーエーテクモホールディングスは、平成25年第1四半期連結決算を発表しました。

売上高は58億6100万円(前年同四半期12.7%減)、営業利益は2400万円(同92.8%減)、経常損失5億900万円(前年同期は経常利益4億7600万円)、四半期純損失は4億8800万円(前年同期は純利益2億6500万円)となりました。

経常赤字になった要因としては、第2四半期以降に発売予定の主力タイトルに先行投資が発生したことに加え、有価証券評価損や為替差損が増加したためとしています。

ゲームソフト事業については、売上高37億4100万円、セグメント利益は4800万円でした。今期はニンテンドー3DSソフト『真・三國無双 VS』やWindows版『三國志12』を発売し、ガストの連結子会社後に発表した『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』『アーシャのアトリエ ~黄昏の大地の錬金術師~』が好評を博しました。また、国内外で旧作のリピート販売やダウンロードコンテンツ販売が堅調に推移したということです。

なお、平成25年3月期の業績予想は、売上高390億円、営業利益70億円、経常利益83億円、純利益は50億円を見込んでいます。こちらは当初の予想から変更はありません。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

    【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  2. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

    『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  3. ゲーム実況者をプロデュースする「ワタナベアマダクション」設立、ドワンゴとワタナベエンターテインメントの合弁会社

    ゲーム実況者をプロデュースする「ワタナベアマダクション」設立、ドワンゴとワタナベエンターテインメントの合弁会社

  4. 横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

  5. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  6. 【PSX 2016】『バイオハザード7』プロデューサーインタビュー―最終体験版の裏側

  7. 任天堂オブアメリカ、フィル・ロジャース氏らが退社

  8. 【レポート】ゲームクリエイターが“憧れの職業ではない”ことに危機感…CC2松山洋の全国ツアー開始、「プロになれない理由」とは

  9. 業界のイメージ向上が必要・・・EAのJohn Riccitiello CEOがゲームと暴力の問題について

  10. 【特集】2016年を人気&注目記事で振り返る「1年間のまとめ」上半期編…『ドラクエXI』発売時期のコメントや任天堂のスマホ展開に関心集まる

アクセスランキングをもっと見る