人生にゲームをプラスするメディア

ユービーアイソフト、Q1は会社予想を上回る・・・次世代機とF2Pに焦点

ゲームビジネス 市場

E3 2012ユービーアイソフトブースの様子
  • E3 2012ユービーアイソフトブースの様子
  • E3 2012ユービーアイソフトブースの様子
  • E3 2012ユービーアイソフトブースの様子
  • E3 2012ユービーアイソフトブースの様子
  • E3 2012ユービーアイソフトブースの様子
  • E3 2012ユービーアイソフトブースの様子
フランスのユービーアイソフトが発表した2012年度第1四半期(4~6月)の売上高は1億3100万ユーロ(+27.2%)と前年から大きく成長し、会社予想も上回ったとのこと。

第1四半期は『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』が好調だったほか、デジタル分野が引き続き前年の112%と高い成長を見せました。基本無料タイトルの『Trials Evolution』はXbox Live Arcadeの初日のセールス記録を打ち立てたとのこと。一方で今期に入る前に発売したタイトルの売上(Back-Catalog)は前年と比較すると41%の減少。これは業界全体の傾向で、過去タイトルはデジタルで購入する流れが出来た事も影響していそうです。

CEOのYves Guillemot氏は「E3では355のノミネートと160のアワードを獲得しました。我々の中期的な目標は来るべき次の新型ゲーム機と基本無料プレイの流れの両方を掴むことで、この2つは我々にとって更なる成長と収益性の向上の機会となります。ブランドや質の高いゲームを開発する能力を、アイテムをベースとした収益システムやマルチスクリーンでのプレイに適合することによって、ユービーアイはかつて無い成長の機会を得られるでしょう」と述べています。

第2四半期は『ゴーストリーコン オンライン』や『Driver San-Francisco』が注目されるほか、年末商戦には人気シリーズ最新作『アサシンクリード3』やWii U向けタイトルなども登場します。通期の業績予想では売上高11億6000万~12億ユーロ、営業利益7000万~9000万ユーロを見込みます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

    狂気のホラー『Year Of The Ladybug』主人公は連続殺人犯…日本語字幕トレイラー公開

  2. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

    狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  3. バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

    バックパックPC「VR One」発表!ケーブルの呪縛から解放され、3.6Kgで90分間のVR体験が可能

  4. 【TGS2016】『乖離性ミリオンアーサーVR』は“格好良く立ちたくなる”VRカードゲーム! RPG世界の「戦闘シーン」に参加してみた

  5. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  6. 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

  7. 【特集】中二全開のVR剣戟ACT『CIRCLE of SAVIORS』に脱帽、「やれば分かる」の概念がぶち壊れる

  8. 「ゾイド」VRデモ、ワンフェス2016冬に出展決定…実物大の「シールドライガー」が見られる

  9. 【TGS2016】VRアイドルライブで実感したのは「照れ」! “アイドルとの距離×臨場感”で心を揺さぶるVR「Hop Step Sing!」体験レポ

  10. カジュアルゲーム世界最大手・ポップキャップゲームズに聞く『ビジュエルド伝説』と同社の戦略

アクセスランキングをもっと見る

page top