『デッドライジング 2』開発のカプコン・スタジオ・バンクーバーでレイオフ

『デッドライジング 2』開発のカプコン・スタジオ・バンクーバーでレイオフ

2012年7月19日(木) 11時30分
  • 『デッドライジング 2』開発のカプコン・スタジオ・バンクーバーでレイオフの画像

『デッドライジング 2』の開発スタジオとして知られるカプコン傘下のカプコン・スタジオ・バンクーバーにて、スタッフのレイオフが行われたことが明らかになりました。Twitterで報告される内容によると、スタジオの目標に見合わなかった結果として、全体の7%に当たる従業員が解雇されたとのこと。

一方で、「スタジオはまだ成長しており、積極的に優れた人材を探している」とも発言していることから、単なる規模縮小ではなく、社内で何らかの人員調整が行われた可能性も。また、人材担当者が、昨日のBioWare Austinレイオフのニュースを受けて、「カプコン・スタジオ・バンクーバーはスタッフを募集している」とツイートしているのが見つかっており(現在は削除済み)、今日になってレイオフが突然実施されたケースも囁かれています。

カナダを拠点にするカプコン・スタジオ・バンクーバーは、元はBlue Castle Gamesとして知られ、かつて稲船敬二氏の目に留まり『デッドライジング 2』の開発を担当。その後カプコンに買収されてスタジオ名が変更されていました。

(Article written by Game*Spark)
関連記事

ゲームビジネスアクセスランキング


パッケージ画像
機種 PS3
ジャンル ACT
発売元 カプコン
開発元 Blue Castle Games
発売日 2010年09月30日
プレイ人数 1人プレイ専用
  • デッドライジング2 関連画像
  • デッドライジング2 関連画像
  • デッドライジング2 関連画像
おすすめ記事