人生にゲームをプラスするメディア

『ファイアーエムブレム 覚醒』コザキユースケ氏による描き下ろしイラストがステキ

任天堂 3DS

好評発売中のニンテンドー3DSソフト『ファイアーエムブレム 覚醒』、追加コンテンツ配信、すれちがい通信によるチームデータ交換など、本編クリア後もまだまだ楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。

そんな『ファイアーエムブレム 覚醒』のキャラクターデザインを手掛けたのはコザキユースケ氏ですが、またもやTwitterで新イラストを披露しています。

ルキナーーー!!! on Twitpic開眼ヘンリー on Twitpic


今回は「ルキナ」と「開眼ヘンリー」の2キャラ。ヘンリーはゲーム中、目を開かないキャラクターの一人ですが、イラストでは開いてみた様子が描かれています。

そんなコザキユースケ氏の画集「KYMG:2」が先日発売されたようです。Amazonの商品ページによると、「烏丸響子の事件簿」『ノーモアヒーローズ2 デスパレートストラグル』『ファイアーエムブレム 覚醒』『エースコンバット アサルト・ホライゾン』「どーにゃつ」など、新規描きおろし3点を含む約110点を収録。氏が2008年~2012年に掛けて担当したキャラクターイラスト、興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

『ファイアーエムブレム 覚醒』は、好評発売中価格は4800円(税込)です。

(C)2012 Nintendo/INTELLIGENT SYSTEMS
《まさと》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

    【特集】『ポケモンGO』ボールが真っ直ぐ飛ばない人必見!チュートリアルが教えてくれない役立ち情報

  2. 「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

    「ポケモンGO Plus」詳細公開!「ぼうけんノート」や便利な連動機能が明らかに

  3. 出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

    出雲大社、境内での『ポケモンGO』プレイを禁止にすると発表

  4. 『ポケモンGO』サービス混雑で13歳未満の新規プレイヤーが遊べない状況に

  5. 小型ファミコン「Nintendo Classic Mini: NES」紹介映像―懐かしさこみ上げる

  6. 株式会社ポケモンが『ポケモンGO』に導入した安全対策を公開…トレーナーガイドラインやサービス利用規約も

  7. ソニックが2人!?『Project Sonic』海外発表―NX/PS4/XB1/PC向けに開発中

  8. 【特集】『ポケモンGO』プレイ前に揃えておきたいアイテムまとめ

  9. 『ポケモンGO』増田順一のブログへ配信時期に関する疑問コメントが殺到、その数2000件超え

  10. 『ポケモン サン・ムーン』8月1日22時ごろに新情報が公開

アクセスランキングをもっと見る

page top