人生にゲームをプラスするメディア

『真・三國無双6 Empires』「争覇モード」は「名声」導入でより高い自由度に

ソニー PS3

知略の名声を上げればこんな鮑三娘にも
  • 知略の名声を上げればこんな鮑三娘にも
  • 名声が悪逆の場合は、悪どいミッションが
  • 邪道を極めるもヨシ
コーエーテクモゲームスは、プレイステーション3ソフト『真・三國無双6 Empires』の最新情報を公開しました。

『真・三國無双6 Empires』は、『真・三國無双6』をベースにシミュレーション要素をプラスした「Empires」シリーズの最新作です。一騎当千の爽快アクションと国取りのシミュレーション要素の両方を楽しむことができます。

本作のメインモードである「争覇モード」には、前作『真・三國無双5 Empires』で好評を博した様々な立場を楽しめる内容に加えて、本作ならではの「名声」システムが搭載され、より自由度が高くなりました。「君主」「軍師」「在野の士」など、さまざまな立場でのプレイが可能です。

「争覇モード」は、「政略フェイズ」と「戦闘フェイズ」を繰り返すことで進行していきます。プレイヤーの「地位」によって取れる行動(選べるコマンド)が異なり、6種類の「名声」によって武将が性格付けされていきます。

■政略フェイズ
勢力行動では、自勢力の方針や任務の決定、人事、外交などを行います。身分によって使用できるコマンドが異なり、許されたコマンド以外は君主に提案する形となります。身分が高くなるほど、自分の権限で使用できるコマンドが増加していきます。

個人行動では、地域の開発や、人との交流、買い物などで自身に力をつけていきます。また、仕官中で任務がある場合はその達成を目指します。在野なら移動の自由度が高く、各地で発生している戦闘に比較的自由に介入することができます。

■戦闘フェイズ
お馴染みの無双アクションにより、勢力同士の戦や、個人的に受けた仕事によって発生する戦闘を行います。

侵攻戦・防衛戦では、本陣の制圧などの勝利条件を目指して戦います。政略の結果や情勢によって初期の状況が変化したり、身分によってできる行動が追加されたりします。

自己鍛錬、山賊討伐などの仕事、あるいは偵察や暗殺といった勢力からの指示など、個別に受けることになるミッション戦闘。味方は少数か単独で、特殊な勝利条件が多いようです。

■地位
プレイヤーの地位によって使えるコマンドや役割が異なるので、様々なアプローチで三国統一に近付きます。「兵士や副将の身分から地道な出世を目指す」「仲間を集め、義勇軍として名を上げる」といった正道から、「舌先三寸で地方領主に取り入ってそそのかす」「裏切りを重ねて様々な勢力を渡り歩く」といった邪道まで、様々なプレイスタイルを楽しみましょう。

政略は城で行われ、自分が建てた城に応じた部屋が画面に表示されます。城には、洞窟から豪華な城までさまざまなバリエーションがあり、大きな城の場合は謁見の間と別に会議室があり、軍議と謁見などで使い分けられることもあるようです。

■名声
武将は、政略や戦闘で取った行動により、さまざまな「名声」を獲得し、武将の性格付けとなる「名声レベル」が変化します。特定の行動をすることで対応する分野の「名声値」が上がり、一定量貯めることでその分野の名声レベルが上がります。名声レベルが上がると、対応する分野の秘計が使用できるようになるなどの恩恵があります。

・名声の種類
武勇 - 戦場で活躍すると増えやすい
知略 - 計略タイプの秘計などを成功させると増えやすい
仁愛 - 民を助ける行動などで増えやすく、捕虜の処断などで減る
財産 - 個人所有の財産を蓄える行動を取ると増えやすい
規律 - 訓練や治安活動などを行うと増えやすい
悪逆 - 捕虜の処断、裏切りなどの背徳的行為を行うと増えやすい

武将の名声タイプにより、選択できるミッションも変化。悪逆タイプであれば、商人を襲うようなミッションが多くなり、仁愛タイプであれば、困っている人の依頼を受けるようなミッションが多くなります。進め方によっては、悪逆の劉備、知略の鮑三娘といった、史実とは違う武将の生き様を楽しむこともできます。

プレイヤー次第で武将の生き方が変わっていく本作。名声を上げて自分だけの武将の物語を作っていきましょう。

『真・三國無双6 Empires』は、2012年9月20日発売予定で価格は6,090円(税込)です。

(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『かまいたちの夜 輪廻彩声』が“CERO:Z”に…公式サイトにも年齢認証を設置

    『かまいたちの夜 輪廻彩声』が“CERO:Z”に…公式サイトにも年齢認証を設置

  2. 「PlayStation Experience 2016」開催情報ひとまとめー小島秀夫氏『デスストランディング』など登場

    「PlayStation Experience 2016」開催情報ひとまとめー小島秀夫氏『デスストランディング』など登場

  3. 非同期型オンライン『LET IT DIE』解説映像―敵対するだけじゃない独自のPvP要素

    非同期型オンライン『LET IT DIE』解説映像―敵対するだけじゃない独自のPvP要素

  4. 【TGA 16】Game of the Yearは『オーバーウォッチ』に決定!

  5. 『魔女と百騎兵2』店舗別特典を一挙お届け! DLCや描き下ろし布ポスターなどズラリ

  6. 『無双☆スターズ』2017年3月2日に発売!「TREASURE BOX」の内容もお届け

  7. 『バイオ7』の新スクリーンショットや動画が続々公開!新たな敵「モールデッド」やベイカー一家のおぞましい”力”とは

  8. PS Plusの12月注目コンテンツ公開―フリープレイに『ソフィーのアトリエ』『絶対絶望少女』、『FF15』サントラも

  9. 【ゲームの中では傍若無人】47回:『戦国無双 ~真田丸~』 城下町が楽しすぎて郷から出られない。

  10. 『絶体絶命都市4Plus』PSVRに対応! いち早くDEMO版を出展

アクセスランキングをもっと見る

オススメの記事だホ!

page top