人生にゲームをプラスするメディア

『TIGER & BUNNY オンエアジャック!』プライベートで会話、アクションで犯人逮捕

ソニー PSP

バンダイナムコゲームスは、プレイステーション・ポータブルソフト『TIGER & BUNNY オンエアジャック!』の最新情報を公開しました。

「TIGER & BUNNY」はサンライズが制作を手掛け、2011年4月からMBSやUSTREAMで放送されたアニメ作品。近未来的な街を舞台に、「NEXT」と呼ばれる特殊能力を持つヒーローが活躍する人気タイトルです。9月22日には劇場版「TIGER & BUNNY -The Beginning-」の公開も控えています。 本作『TIGER & BUNNY オンエアジャック!』は初の家庭用ゲーム化となるタイトルです。

今回はゲームの序盤から、プライベートパート、アクションパートなどの流れ、そして最新ビジュアルなどが解禁となりました。

プレイヤーは、主人公である「ワイルドタイガー」を操作し、パートナーの「バーナビー」と連携しながら、数々の事件に挑みます。原作TVアニメのシナリオに沿って物語は進行。仲間のヒーローとともに、さまざまなミッションをクリアし、犯人を逮捕しましょう。

プレイヤーの活躍の様子は、この作品の特徴であるTV番組を通して視聴者に中継されるという部分を活かした、TVショーアクションゲームとなっています。視聴率をあげ、ヒーローポイントをかせぎ、人気・実力NO.1のキング・オブ・ヒーローを目指してください。

まずは、シュテルンビルトの街での行動を決めましょう。マップ上に表示されている事件スポットを選ぶと、ストーリーが進行します。事件はヒーローランクによって変化し、複数発生するようになります。

シナリオがスタートすると「プライベートパート」に移行。原作TVアニメに沿ってストーリーが展開しますが、物語の導入部分では、シリアスかつコミカルなヒーローたちのプライベートの会話劇が楽しめます。もちろんキャラクターたちの声はフルボイスで収録。相変わらず虎徹に対してつれないバーナビーですが、絆が深くなれば、表情や言葉も友好的に変化するようです。

事件が発生すると、アニエスからの出動要請がタイガーたちのもとに入ります。アニメのカットインや、臨場感あふれる実況と共に物語は進行。攻撃アクション&犯人確保の「アクションパート」へと移行します。5分以内に犯人を全確保や、人命救助をこなして、立体的な箱庭を360度自由に移動しクリアを目指してください。「HERO TV」のマリオの実況ももちろん入ります。アピールポイントではTVカメラに向かってロゴをアピール。視聴率をあげれば、事件解決後に貰えるポイントも増えます。

ただし、制限時間が限られているので、時間内に効率よく犯人を確保するか、ポイントを多く稼ぐか、考えて行動する必要があります。行動中に失敗すると、他のヒーローたちから容赦ない「口」撃が飛んでくることも。ヒーロー同士の親密度によって、ヒーローたちの言葉が変化します。

なお、闘うのはワイルドタイガーだけでなく、他のパートナーのヒーローと共に闘うこととなります。詳細は今後公開される予定です。

初回封入特典は、PSPを『TIGER & BUNNY』仕様にできるカスタムテーマのプロダクトコード、オリジナルステッカーセット、ソーシャルゲームで使用できる限定カードのシリアルコードが同封されます。予約特典は、虎徹&バーナビー描き下ろしポスターです。

『TIGER & BUNNY オンエアジャック!』は、9月20日発売予定で価格は6,280円(税込)です。

(C)SUNRISE/T&B PARTNERS, MBS
(C)2012 NBGI
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. YouTubeの360度動画がPSVRで視聴可能に! PS4向け『YouTube』アプリがアップデート

    YouTubeの360度動画がPSVRで視聴可能に! PS4向け『YouTube』アプリがアップデート

  2. 【レポート】落命の先に待つ達成感…『仁王』には“死にゲー”としての魅力がしっかりとある

    【レポート】落命の先に待つ達成感…『仁王』には“死にゲー”としての魅力がしっかりとある

  3. 「ニーア オートマタ meets amazarashi」制作の音楽アルバム「命にふさわしい」の詳細が公開

    「ニーア オートマタ meets amazarashi」制作の音楽アルバム「命にふさわしい」の詳細が公開

  4. 『GRAVITY DAZE 2』重力姫キトゥン、ソフマップに降臨!?量販店モチーフの無料DLC配信中

  5. 学校に泊まろうADV『Timepiece Ensemble』体験版が配信―文化祭の非日常的な学校生活を楽しめる

  6. PS Vita向け『死印』のティザーサイトが公開―詳細は不明、ホラー作品か?

  7. 『FFXV』次回アップデートで「セルフ撮影機能」を実装、モグチョコカーニバルを開催

  8. 『バイオハザード7』序盤ストーリーダイジェスト公開―無料DLC「Not A Hero」の情報も

  9. 『バイオハザード7』特別番組が1月25日に放送―発売直前ならではの秘話も飛び出す…?

  10. 『ニューダンガンロンパV3』機能向上パッチが配信―PS Vita版のキャラボイスの音質が向上!

アクセスランキングをもっと見る