人生にゲームをプラスするメディア

『ファイアーエムブレム 覚醒』スペシャルパックの販売方法を変更できなかった理由、岩田社長がコメント

任天堂 3DS

アクセス集中により販売サイトがダウンしてしまう程だった限定版『ファイアーエムブレム 覚醒』スペシャルパックですが、販売方法変更や再販できない理由について任天堂の岩田社長が先日の株主総会の質疑応答で答えています。

「会社としまして大変申し訳なく思っております」と述べた上で岩田社長は、一度決めた販売方法を変更して売ることができるのかを検討。社外の弁護士に相談した結果「景品表示法という法律に触れる可能性がある」とコメントされ、さらにコンプライアンスも大きく影響。結果、何も変えることができずそのまま販売終了となりました。

『ファイアーエムブレム 覚醒』は、ここ数年で発売された『ファイアーエムブレム』シリーズでは久々の完全新作と言う事もあり、任天堂の予想を超える好調なセールスとなりました。結果、想定していた見込みを上回る結果となり、今回の品薄問題につながったと言えるでしょう。

岩田社長は「今回のような不本意な思いをファンのみなさんに二度と感じていただくことのないように努力したいと思いますので、今回に関してはどうかご容赦いただきたいと思います」と回答しています。
《まさと》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモン ダイヤモンド・パール』は今日で10周年!ゲームフリークの大森滋が記念イラストを公開

    『ポケモン ダイヤモンド・パール』は今日で10周年!ゲームフリークの大森滋が記念イラストを公開

  2. 『ペーパーマリオ カラースプラッシュ』TVCM公開―撮影の裏側が見えるNGシーンも…

    『ペーパーマリオ カラースプラッシュ』TVCM公開―撮影の裏側が見えるNGシーンも…

  3. 【レポート】『モンハン ストーリーズ』メディア対抗戦は超白熱!果たしてインサイドの順位は…?

    【レポート】『モンハン ストーリーズ』メディア対抗戦は超白熱!果たしてインサイドの順位は…?

  4. 「ビットキャッシュ」ニンテンドープリペイド番号の取扱いを開始、6種類の価格で購入可能

  5. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  6. 『スプラトゥーン』立体パズルが11月末発売決定―全部組み立てなイカ?

  7. 『ポケモンGO』新Ver情報が公開、捕まえた場所が記録されるほかポケモンGO Plusが「おこう」に対応

  8. 『ポケモン サン・ムーン』「ヤレユータン」はポケモンなのにモンスターボールを使うことも!?新ポケモン情報が公開

  9. トワプリ版ゼルダ&リンクのfigma予約開始―5種類の装備が付属したDXリンクも

  10. 『ポケモン サン・ムーン』にオーキド博士が変わり果てた姿で登場

アクセスランキングをもっと見る

page top