人生にゲームをプラスするメディア

【プレイレビュー】かわいいアイルーたちが目に入らない!?『アイルーでパズルー』をガチ対戦してきた

ソニー PSP

『アイルーでパズルー』を試遊すべく訪れた「CAPCOM SUMMER JAM」は、2日目の今日も2時間待ちと大盛況。ブースでは個人プレイと対戦プレイのレーンが分かれていたので対戦のほうに並びました。みな友人同士やカップルで並んでいるなか、一人で。

手持ち無沙汰なので3DSをもくもくとプレイして、まもなくというところまできた。けれど、私は一人。この時、私はスタッフの人が後方からソロ突入の人をひっぱってくれるだろうと予想していたが1つ心配があった。もし、少年や幼い少女が来たらどう応戦しようと。少女(仮)がジェムを右にゆらゆら左にゆらゆらしているなか、下十字キーをほぼ押しっぱなしの私がガチで挑んだら『アイルーでパズルー』を彼女たちはきらいになってしまうかもしれない!変な話ではあるが、本気でちょっと心配していた。

「何人ですか?」ついにスタッフに聞かれたが、運よくソロ突入のかたがいたのですぐ一緒にプレイできることになりひと安心。大人の男性だったことにホッとしていたが、ここでもう1つ心配が訪れた。私はPRESSパスを左肩につけている。メディアに属した落ちモノズキとはいえ『アイルーでパズルー』を触るのは今日が初めて。それが伝わるわけもなく、彼には「うわーやっべー、ガチっぽい人きたよ」とドン引きさせてしまった気がする。

クールな印象の対戦相手とは一言も交わさずに席につき、ひとまずの不安は開始まもなく一気に解消された。隣のフィールドを見れば、対戦相手も下十字キーをほぼ押しっぱなしのツワモノだったのだ!

どんどんジェムを消す2人。しかし、『アイルーでパズルー』は少し変わったパズルゲームだった。とにかくジェムを消しまくってフィールドがスッキリしていればいいというタイプではなく、いかにジェムを連結させて放置し爆弾ジェムで一気に破壊するかが攻撃力を決める。なので、フィールドがみっちりしてヤバイと焦ることは焦るのだが、戦いの陣をしいておけば1つの爆弾ジェムで形勢逆転できるところがかなりアツい。実際それに気付き始めてからというもの、対戦相手とはのこり3ラインのところで必ず相手に報復するような勝負を繰り広げており、コップに注がれたジュースをカラのコップに移し変えることを繰り返しているような対戦となった。普段は「あっ、○○来ましたよ~!」とやんわりアドバイスするスタッフのお姉さんは残り1ラインで復帰する私たちをひたすら見守り、時に「ああっ!」と驚きの声を漏らしていた。1戦目は私が負けてしまったけれど、ガチ対戦が出来たことが嬉しくて楽しくてしょうがなかった。

「中央にいるアイルーたちは状況に合わせていろんな表情をしていてかわいいんですよ~!」と説明を受けるも、1秒ちょっとでフィールドと落ちてくるジェムと次のジェムを把握しないといけない状況の私たちにはそんな余裕はない。同じぐらいに案内された人たちが入れ替わっても対戦は続き、これ何かの大会だっけ?と錯覚するぐらいにどちらが勝つか解らないようなギリギリのところで私が負けた。クールだった相手は思わず声をあげガッツポーズをしていたので、私は「いやあ、いい勝負でしたね!ありがとうございました!」とお礼を述べた。とてもいい笑顔をもらった。やっぱり人とやるとさらに楽しい。

これだけお互いが形勢逆転をしまくっていたのは、キャラ選びがナイスだったからだと思われる。個々に必殺技を持つアイルーたちだが、私はお互いの待機しているどんぐりジェムを0にするガノ、相手は次のジェムが3個先まで爆弾ジェムだけの組み合わせになるキラをチョイスしていた。どちらも使うタイミング次第で一気に復帰できる必殺技だ。

なかには相手の行動を制してしまうものや、フィールドをほとんど見えなくしてしまう必殺技もあるのでハンデをつけようと思えばつけられるような気もした。とにもかくにも、かわいい見た目とは裏腹に白熱できるPSP用ソフト『アイルーでパズルー』は7月19日発売、価格はニクキュープライス2,990円(税込)、DL版2,700円(税込)となっています。

(C)CAPCOM CO.,LTD.2012 ALL RIGHTS RESERVED.
《きゃんこ》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 【PS Vita DL販売ランキング】8位『薄桜鬼 真改 華ノ章』、10位『√Letter ルートレター』などが初登場ランクイン(6/24)

    【PS Vita DL販売ランキング】8位『薄桜鬼 真改 華ノ章』、10位『√Letter ルートレター』などが初登場ランクイン(6/24)

  2. 完全新作『うたの☆プリンスさまっ♪Dolce Vita』発売決定、『Repeat』のPS Vita移植版も

    完全新作『うたの☆プリンスさまっ♪Dolce Vita』発売決定、『Repeat』のPS Vita移植版も

  3. 『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイルが明らかに!スタンダード&スピーディー、山なり空中ダッシュ、自己強化も

    『ブレイブルー セントラルフィクション』Esのプレイスタイルが明らかに!スタンダード&スピーディー、山なり空中ダッシュ、自己強化も

  4. 『初音ミク Project DIVA Future Tone』シェアプレイの“音なし”は著作権的仕様、アケコン検討に対するコメントも

  5. 【インタビュー】『バイオハザード7』は“間違いなくバイオだ”と思える作品に!リブート・リセットはしておらず、オープンワールドに匹敵する密度の作品へ

  6. 『PSO2』FFXIVコラボ「オーディン」戦の映像が公開!「真・斬鉄剣」が発動すると全滅する…実装は7月6日

  7. 『ベルセルク無双』では“両断”や“斬り潰す”が可能に!物語は「黄金時代篇」から「千年帝国の鷹篇」の終盤まで

  8. 【インタビュー】『ニーア オートマタ』はハッピーエンド?それとも絶望?開発陣に気になるアレコレを訊いた…スカート脱衣の続報も

  9. 「ホラー×VRは怖すぎて遊びたくない」バイオハザードチームが贈るMorpheusデモ『KITCHEN』を体験

  10. 【E3 2016】最後まで耐えられないかも…PSVR版『バイオハザード7』がガチで怖い!開始1秒で恐怖世界に引き込まれ、最終的には…

アクセスランキングをもっと見る

page top